M&Aナビ
ホワイトナイトとは

ホワイトナイト

(読み方 : ホワイトナイト)

ホワイトナイト(白馬の騎士)とは、TOBを仕掛けられた会社の経営陣が、自社に友好的な買い手を探し、買収してもらう買収阻止方法において、その友好的な企業のことをいう。 具体的には、普通株式とは異なる権利内容の種類株式を割り当てたり、価格を時価より下げるなどの優遇をすることがある。 この買収防衛策は、ポイズンピルのように、あらかじめ導入しておく必要がなく、買収を仕掛けられた後でも対応できるという特徴がある。 ※TOBとは、ある株式会社の株式等の買い付けを、買い付け期間・買取株数・買取価額を公告したうえで行われる、不特定多数の株主から短期間に大量に証券市場外で行うこと。TOBについて詳しくはこちら

ホワイトナイトの具体的な方法

ホワイトナイトを活用する具体的な手続き方法は次の2つである。

敵対的買収を仕掛ける企業よりも、高い価格で他の株主に買い付けてもらう

ホワイトナイトに敵対的買収のTOBの価格よりも高い価格で、他の株主から買い付けをしてもらう方法。 TOBは、敵対的買収をする企業が、目標の持分比率まで株式を取得するために、不特定多数の株主から株を購入する必要がある。 ホワイトナイトは、そのTOBから対象企業を守る必要があるので、敵対的買収を企てている企業が株主に提示している価格よりもさらに高い価格でTOBしてもらうことになる。 その結果、対象会社の他の株主は、敵対的買収を仕掛ける企業よりもホワイトナイトにその保有する株式を売却することになるため、敵対的買収を免れることになる。

第三者割当増資や新株予約権を交付し、友好的な株主(ホワイトナイト)の株式の持分比率を高める

友好的な企業に、「第三者割当増資」や「新株予約権」を発行して、敵対的な買収から守る方法。 第三者割当増資とは、会社が特定の第三者に対して新株を割り当てて行う増資のことで、新株を割り当てる割合によっては、新株を引き受ける第三者が会社の株式の一定割合を取得することになる。 これを行うことで、友好的な企業の持株比率が増加し、敵対的買収を免れることができる。

ホワイトナイトの事例

2005年、ライブドアによるニッポン放送株式会社への敵対的買収に対し、SBI(ソフトバンクインベストメント)が友好的買収によりニッポン放送を買収した。つまり、SBIがニッポン放送にとってのホワイトナイトである。

"ホワイトナイト" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語