大量保有報告書とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

大量保有報告書 タイリョウホユウホウコクショ

大量保有報告書とは、投資家が株式等の5%を超えて保有した場合に金融商品取引法に基づき、内閣総理大臣に提出が義務づけられている報告書のことをいう。同報告書は金融商品取引所にも送付され、それぞれ受理・送付を受けた日から5年間、公衆の縦覧に供す必要がある。

まずは、M&Aナビに新規登録を

会社売却を今すぐ考えている方はもちろん、まだ考えていない方も、
余裕をもって検討することが大事なので、M&Aナビにまずはご登録ください。
ご要望や不明点をお聞きしながら、最適な進め方をご提案いたします。