大量保有報告書とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

50音順
カテゴリー
大量保有報告書 タイリョウホユウホウコクショ

大量保有報告書とは、投資家が株式等の5%を超えて保有した場合に金融商品取引法に基づき、内閣総理大臣に提出が義務づけられている報告書のことをいう。同報告書は金融商品取引所にも送付され、それぞれ受理・送付を受けた日から5年間、公衆の縦覧に供す必要がある。

M&Aに関する相談をいつでも無料で受け付けています

M&Aナビでは、会社の売却を考えている人も買収しようと思っている人も、オンラインで一から準備を進めることができます。
また、実績豊富なプロのアドバイザーが完全無料でサポートさせていただきます。
M&Aナビに登録後、どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

登録してアドバイザーに相談する