ノンネーム

(読み方:ノンネーム)

M&Aの実務

ノンネームとは


M&Aにおいて、秘密保持契約を結ぶ前に、買手はその売り案件に興味があるかを判断する必要がある。
その際に、売手が特定されない範囲で、業種・規模などを簡単に開示する資料がノンネームである。


買手がノンネームに興味を持ち、検討を進めるということになれば、秘密保持契約書を締結した後に企業概要書を買手は手に入れる。

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語