DCF法

(読み方:ディーシーエフホウ)

企業価値評価

DCF法は、企業が将来獲得すると期待されるキャッシュフローを現在価値に割り引き、その合計額を企業価値とするもの。将来キャッシュフローの予測値が必要であり、将来キャッシュフローの予測値に経営改善効果やシナジー効果などのM&Aによる影響額を織り込むことで買収による企業価値の増加を評価に反映することができる。

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語