M&Aナビ
キャピタルゲインとは

キャピタルゲイン

(読み方 : キャピタルゲイン)

キャピタルゲイン(Capital Gain)とは、有価証券、土地等の資産の価格変動に伴って保有する資産を売却することによって得られる利益のことをいう。 資産が土地であれば、キャピタルゲインは土地の売却益を指し、資産が株式であれば株式の譲渡益を指す。 反対に、保有する資産を売却することによって損失が出た場合をキャピタルロスと呼ぶ。 キャピタルゲインというと、株式の売却益をイメージされる方が多いと思うが、実は株式以外の資産の売却益もキャピタルゲインに含まれる。 ちなみに20万円で買った株式を25万円で売却した場合のキャピタルゲインは、5万円ということになる。 なお、キャピタルゲインを得る手段には以下のようなものがある。 ・株式 ・投資信託 ・土地やマンションなどの不動産 ・外国為替証拠金取引(FX取引)

【補足】インカムゲインとは

キャピタルゲインと並べられる言葉にインカムゲインというものがある。 インカムゲインとは、資産の保有することにより配当などで得られる収入のことを言う。 これは安定的な利益を得るために行うものであり、キャピタルゲインとは異なる側面を持つものである。 詳しくはこちら

キャピタルゲインのメリット

短期間で利益を出せる可能性がある

キャピタルゲインは、インカムゲインと比較するとハイリスクな投資を行うため、 短期間で利益を出せる可能性がある。 短期間で株価が上昇する銘柄は実際にあるので、そのような銘柄に投資できれば短期間で利益を出すことが可能である。 また確定申告で損益通算をすることができるため、キャピタルゲインとキャピタルロスを相殺することで、節税効果が期待できる。

大きな利益を出せる可能性がある

キャピタルゲインは購入時の値段が安ければ安いほど、また、売却時の値段が高ければ高いほど大きな利益を出せる。 例えば株式投資の場合、株価が10倍以上になる銘柄はテンバガーと呼ばれる。このような銘柄に投資できれば大きな利益を出すことができる。 もちろんこのような銘柄を見つけるのは簡単なことではないが、インカムゲインと比較すると、大きな利益を出す可能性を持っているのがキャピタルゲインの最大の特徴である。

キャピタルゲインのデメリット

投資損失が大きくなる可能性がある

キャピタルゲインは、利益が大きくなる可能性が高い反面、保有期間に価格が下落した場合は損失額が大きくなる可能性が高い。 例えば株式投資では、投資先企業の業績だけでなく、経済変動や自然災害などの外部的な影響も受ける。また、予測できない企業環境の変化によって、株価が大きく変化することもある。 したがって、ハイリターンであることと同時にハイリスクであることも念頭に置く必要がある。

投資資産の売却が必要不可欠

キャピタルゲインは、投資した資産の売却によって得られるため、売却時まではキャピタルゲインが確定することはない。 そのため、売却前に含み益があっても、投資資産の価格が急落してしまえば、キャピタルゲインではなく、キャピタルロスとなることがある。 株式投資の場合は、ひとつの銘柄全部を売却しようとして、その一部分を売却しているうちに、市場価格に影響を与えてしまうこともある。 そのため、すべての売却を終えたタイミングでは、想定していたような利益が得られないことも起こる。

最低限の知識が必要

キャピタルゲインを得るためには最低限の知識が必要になる。 投資を行う時点から、資産の値段を正しく分析できて初めて、正しい判断を下すことができる。その資産の状態を判断するのは決して簡単なことではないため、投資する対象資産についての深い理解が求められるのである。

キャピタルゲインにかかる税金

法人の場合

法人の保有資産のなかでキャピタルゲインが発生した場合、法人所得にキャピタルゲインを含めて法人税等を計算する。 そのため、売上から費用を引いた利益にキャピタルゲインを加えて税金の計算が行われる。

個人の場合

個人の保有資産のなかでキャピタルゲインが発生した場合、資産の売買を行った年の所得ということになる。 これは給与所得とは別に計算され、税率は資産の種類ごとに異なってくる。

"キャピタルゲイン" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語