類似会社比準法

(読み方:ルイジカイシャヒジュンホウ)

企業価値評価

類似会社比準法とは



評価対象が非上場会社である場合、市場価格が存在しないため類似した上場会社の株価を参考として評価対象会社の企業価値を算定する方法のこと。
PER法(株価収益率)やPBR法(株価純資産倍率)等の指標が利用される。


実際の手順は以下となる。
ステップ1: 評価対象会社と、規模・業種が類似する上場会社を数社選定
ステップ2: 類似上場会社の1株当たりの利益・純資産等の指標を計算
ステップ3: 株価等を1株当たりの利益等で除して、指標の倍率を算出
ステップ4: 評価対象会社の指標に類似上場会社の指標倍率を掛けて、評価対象会社の株価を算出



上場会社の財務数値と比較することの妥当性を担保するためには、評価対象会社が相応の規模であることが求めらる。

その他の企業評価方法はこちらで解説しています

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語