M&Aナビ

DES

(読み方 : デス)

DES(デス)とはDebt Equity Swapの略。会社の債務(Debt)を株式(Equity)へ振り替えることをいう。 会社に対する金銭債権を会社に対して現物出資することで、その債権を会社の株式に振り替えることをいう。DESにより、会社の有利子負債が減少する一方で自己資本が増強されるため、財務内容改善効果がある。似た概念にDDSがある。

DESのメリット

DESを行うことで、債務超過の会社は債務超過を解消でき財務体質が改善される効果を発揮する。 また債務者だけでなく、債権者にとってもメリットになる場合がある。

債務者のメリット

債務者のメリットで一番大きなものは、債務超過を解消し、財務体質の改善・健全化が期待できる点である。 株式への振り替えによって、配当負担が生じるというデメリットはあるものの、その分利益を圧迫する有利子負債は減少することとなる。 また、資本金が増加するため、対外的な信用力が高まることもメリットとして考えられる。取引先との関係においてのみならず、金融機関との関係における与信審査においてもメリットを得られる。

債権者のメリット

DESにおける債権者の一番のメリットは、株式取得による経営への積極的な関与が可能になる点であるといえる。 債権者は、DESによって債務者から株式を取得することになるため、株主として経営改革に向けた積極的な関与が可能になる。 また株式を取得後に、企業の再建に成功することがあれば、債権者はキャピタルゲインの獲得や配当による収入を得ることも可能である。

DESのデメリット

DESによる債務者・債権者双方のメリットについて説明をしたが、DESにはデメリットもある。以下メリットと同じく、債務者・債権者双方からDESのデメリットについて説明する。

債務者のデメリット

DESを行うことによる債務者のデメリットは、第三者の株主が増えることだといえる。 それにより、既存の株主に対して説明することが求められるうえに、元々の借入の金額が大きかった場合には新しい株主の存在感が必然的に大きくなる。株主の持ち株の割合が大きくなれば経営への干渉も考えられるため、自社のみでの経営判断をできなくなる可能性もある。債務者はデメリットを考慮し、DESの実施後の出資割合に十分注意した上でDESの実施を検討する必要がある。

債権者のデメリット

DESにおける債権者の一番のデメリットは、株式の処分が難しくなり、問題の先送りになる可能性があるという点であるといえる。 DESを実行する債務者は、利益が十分に出ていない場合など経営がうまくいってないケースがほとんどであることを考えると、債権を株式に転換したとしても企業の再建は非常に難しいことは十分考えられる。また、非上場企業の場合は上場企業と比較して処分が難しいため、企業の再建がうまくいった場合を除いては、問題を先送りにしただけになってしまう。

DESとDDS

DESと似た概念にDDSがある。

DDSとは

DDS(ディーディーエス)とは、Debt Debt Swapの略で既存の借入金を劣後ローンなどの債務弁済の順位が劣る別の条件の債務に借り換えることをいう。 債務者は、既存の債務を劣後ローンなどに変更することによって、一定期間の返済猶予などの金融支援を受けることができる。劣後ローンの中でも一定の要件を満たす資本的劣後ローンは、金融機関内で資本とみなされることから、従前より良い条件での融資を受けられる可能性がある。 ただし、金融機関からDDSを受ける場合には、特定の財務指標を一定数値以上に維持しなければ優遇措置が取り消されるなどのコベナンツが課される場合がある。

DESとDDSの違い

DESとDDSでは、債務の借り換え後の形態が大きく異なる。DESの場合は、債務を株式に借り換えるが、DDSでは別の種類の債務に変更する。そのため、DESの場合は、返済しなくてもよいものになるが、DDSは借り換え後も債務であり返済が必要であることに変化はない。 また、DESの場合は新株発行などの法的な手続きが必要になるが、DDSではそれらの手続きは必要がないため、手続き面ではDDSの方が容易であるといえる。ただし、金融機関における査定では、両者とも過剰債務を解消し、財務体質の安全性が改善するとみなされるが、財務諸表上では資本的劣後ローンも負債であることに変わりないため、会計上はDESのみ財務体質の安全性が改善する形になるという点には注意が必要である。 DESとDDSは、過剰債務を解消するためには有効な手段であるが、債権者の構成や経営状況などの会社状況を考慮した上で採用を検討する必要がある。

"DES" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語