退職所得課税とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

50音順
カテゴリー
退職所得課税 タイショクショトク

退職金は退職所得として所得税及び住民税の課税対象となる。退職金は過去の勤務に対する賃金の後払いという性質や老後資金の確保という観点から税負担が低くなるような配慮がされている。
退職所得の計算は以下の算式でされ、累進税率が適用される。

退職所得=(収入金額-退職所得控除)×1/2

*退職所得控除

勤続年数20年以下の場合・・・40万円×勤続年数(80万円未満の場合は80万円)
勤続年数20年超の場合・・・800万円-70万円×(勤続年数-20年)

M&Aに関する相談をいつでも無料で受け付けています

M&Aナビでは、会社の売却を考えている人も買収しようと思っている人も、オンラインで一から準備を進めることができます。
また、実績豊富なプロのアドバイザーが完全無料でサポートさせていただきます。
M&Aナビに登録後、どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

登録してアドバイザーに相談する