退職所得課税

(読み方 : タイショクショトク)

退職金は退職所得として所得税及び住民税の課税対象となる。退職金は過去の勤務に対する賃金の後払いという性質や老後資金の確保という観点から税負担が低くなるような配慮がされている。 退職所得の計算は以下の算式でされ、累進税率が適用される。 退職所得=(収入金額-退職所得控除)×1/2 *退職所得控除 勤続年数20年以下の場合・・・40万円×勤続年数(80万円未満の場合は80万円) 勤続年数20年超の場合・・・800万円-70万円×(勤続年数-20年)

"退職所得課税" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語

企業情報

M&Aナビは、中小企業のM&AプロセスのDXを通じて、全ての企業が低コストでM&Aを行える世界を目指す株式会社M&Aナビが運営しています。

もっとみる

corporate_information

M&Aナビはすべての経営に最良の選択を提供します

new_registration

売り手の方にとっても買い手の方にとっても、 未来を切り拓く取引を実現したい。 M&Aナビは両者が同じ目線で対話をできる 「フラットなプラットフォーム」を目指しています。

会員登録(無料)

メールマガジンでは、 新着情報が受け取れます

必要な条件を設定するだけ!

メールマガジン登録