退職所得課税

(読み方:タイショクショトク)

M&Aにおける税務・会計

退職金は退職所得として所得税及び住民税の課税対象となる。退職金は過去の勤務に対する賃金の後払いという性質や老後資金の確保という観点から税負担が低くなるような配慮がされている。
退職所得の計算は以下の算式でされ、累進税率が適用される。

退職所得=(収入金額-退職所得控除)×1/2

*退職所得控除

勤続年数20年以下の場合・・・40万円×勤続年数(80万円未満の場合は80万円)
勤続年数20年超の場合・・・800万円-70万円×(勤続年数-20年)

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語