退職所得課税とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

退職所得課税

タイショクショトク

退職金は退職所得として所得税及び住民税の課税対象となる。退職金は過去の勤務に対する賃金の後払いという性質や老後資金の確保という観点から税負担が低くなるような配慮がされている。
退職所得の計算は以下の算式でされ、累進税率が適用される。

退職所得=(収入金額-退職所得控除)×1/2

*退職所得控除

勤続年数20年以下の場合・・・40万円×勤続年数(80万円未満の場合は80万円)
勤続年数20年超の場合・・・800万円-70万円×(勤続年数-20年)

まずは、M&Aナビに新規登録を

会社売却を今すぐ考えている方はもちろん、まだ考えていない方も、
余裕をもって検討することが大事なので、M&Aナビにまずはご登録ください。
ご要望や不明点をお聞きしながら、最適な進め方をご提案いたします。