破綻懸念先とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

破綻懸念先 ハタンケネンサキ

破綻懸念先とは、現在は経営破綻状態に陥っているわけではないが、将来的に経営破綻に陥る可能性が高いと考えられる債務者のことをいう。破綻懸念先は実質債務超過に陥っていると考えられる企業が多く、借入金の返済等が滞っている等、債権者からすると債権回収可能性に疑義がある先のことである。

まずは、M&Aナビに新規登録を

会社売却を今すぐ考えている方はもちろん、まだ考えていない方も、
余裕をもって検討することが大事なので、M&Aナビにまずはご登録ください。
ご要望や不明点をお聞きしながら、最適な進め方をご提案いたします。