破綻懸念先

(読み方 : ハタンケネンサキ)

破綻懸念先とは、現在は経営破綻状態に陥っているわけではないが、将来的に経営破綻に陥る可能性が高いと考えられる債務者のことをいう。破綻懸念先は実質債務超過に陥っていると考えられる企業が多く、借入金の返済等が滞っている等、債権者からすると債権回収可能性に疑義がある先のことである。

"破綻懸念先" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語

企業情報

M&Aナビは、中小企業のM&AプロセスのDXを通じて、全ての企業が低コストでM&Aを行える世界を目指す株式会社M&Aナビが運営しています。

もっとみる

corporate_information

M&Aナビはすべての経営に最良の選択を提供します

new_registration

売り手の方にとっても買い手の方にとっても、 未来を切り拓く取引を実現したい。 M&Aナビは両者が同じ目線で対話をできる 「フラットなプラットフォーム」を目指しています。

会員登録(無料)

メールマガジンでは、 新着情報が受け取れます

必要な条件を設定するだけ!

メールマガジン登録