破綻懸念先とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

50音順
カテゴリー
破綻懸念先 ハタンケネンサキ

破綻懸念先とは、現在は経営破綻状態に陥っているわけではないが、将来的に経営破綻に陥る可能性が高いと考えられる債務者のことをいう。破綻懸念先は実質債務超過に陥っていると考えられる企業が多く、借入金の返済等が滞っている等、債権者からすると債権回収可能性に疑義がある先のことである。

M&Aに関する相談をいつでも無料で受け付けています

M&Aナビでは、会社の売却を考えている人も買収しようと思っている人も、オンラインで一から準備を進めることができます。
また、実績豊富なプロのアドバイザーが完全無料でサポートさせていただきます。
M&Aナビに登録後、どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

登録してアドバイザーに相談する