EV

(読み方:イーブイ)

企業価値評価

EVとは

EVとは、EnterpriseValueの略。企業価値の時価総額のことであり、一般的に、EV=株式時価総額+有利子負債で計算される。EV/EBITDA倍率は、企業価値がEBITDAの何倍になるのかを示したものであり、M&Aにおける買収判断の指標として用いられることが多い。
▼さらに詳しく
EBITDAとは

上場していない企業の価値の考え方は様々あるが、主に、インカム・アプローチ、マーケット・アプローチ、ネットアセット・アプローチの三種類がある。

インカム・アプローチ


評価対象会社から期待されている利益に基づいて評価をするアプローチ。
評価にあたって、信頼性の高いキャッシュフローの計画値が必要である。
具体的な評価方法: フリーキャッシュフロー法、調整現在価値法、残余利益法など
▼さらに詳しく
インカム・アプローチとは

マーケット・アプローチ


上場している同業他社や、類似取引事例などと比較することによって、相対的な価値を評価をするアプローチ。
評価対象会社が上場会社に匹敵する規模であったり、事業内容や財務内容が類似する上場企業が存在する場合には適しているが、新しいビジネスモデルやニッチな業種である場合は適さない場合が多い。
具体的な評価方法: 市場株価法、類似上場会社法、類似取引法など
▼さらに詳しく
マーケット・アプローチとは

ネットアセット・アプローチ


主に評価対象会社の賃借対象表上の純資産に注目して価値を評価をするアプローチ。
評価方法としては単純であるが、帳簿上の価値が実態を表していない場合や、継続事業において将来の企業価値を考慮しづらいという側面もある。
具体的な評価方法: 簿価純資産法、時価純資産法など


それぞれのアプローチには、場合によって向き不向きがあるが、組み合わされて使うこともある。
例えば、純資産の価値に加えて、企業体として収益を生み出しているという継続的価値を「営業権」として算出し、これを加味した価値を企業評価とする方法もある。
この方法は、売手、買手双方にとって納得しやすい理論なため、中小企業M&Aにおいて企業評価のデファクトスタンダードになりつつある。

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語