黄金株

(読み方:オウゴンカブ)

M&Aにおける法務

黄金株とは、種類株式の1つであり、拒否権付株式のこと。株主総会または取締役会において決議すべき事項のうち、株主総会決議に加え、種類株主総会の決議を必要とする旨の定めが設けられている株式のこと。事業承継後も元経営者が会社に対して一定の影響力を持ち続けたい場合等に利用されることがある。

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語