分離課税

(読み方:ブンリカゼイ)

M&Aにおける税務・会計

所得税は、各種の所得金額を合計し、総所得金額を計算し、総所得金額に対して税率を乗じることで税金計算をする総合課税制度が原則である。一定の所得については、他の所得と合算することなく分離して税額計算をすることとなっており、分離課税と呼ぶ。M&Aにおいて広く用いられる株式譲渡によるキャピタルゲインは分離課税である。

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語