のれん/営業権とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

50音順
カテゴリー
のれん/営業権 のれん

M&Aにおけるのれんとは、買収対価が買収対象企業の簿価純資産価額を超える部分の金額をいう。プラスの場合はのれん、マイナスの場合は負のれんと呼ぶ。M&Aの買収価額は会社の将来収益力を加味して決定されるため、簿価純資産価額とは一致しないケースが殆どであり、のれんまたは負のれんが発生する。

M&Aに関する相談をいつでも無料で受け付けています

M&Aナビでは、会社の売却を考えている人も買収しようと思っている人も、オンラインで一から準備を進めることができます。
また、実績豊富なプロのアドバイザーが完全無料でサポートさせていただきます。
M&Aナビに登録後、どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

登録してアドバイザーに相談する