のれん/営業権

(読み方:のれん)

企業価値評価

M&Aにおけるのれんとは、買収対価が買収対象企業の簿価純資産価額を超える部分の金額をいう。プラスの場合はのれん、マイナスの場合は負のれんと呼ぶ。M&Aの買収価額は会社の将来収益力を加味して決定されるため、簿価純資産価額とは一致しないケースが殆どであり、のれんまたは負のれんが発生する。

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語