財産評価基本通達

(読み方:ザイサンヒョウカキホンツウタツ)

M&Aにおける税務・会計

財産評価基本通達とは、相続税や贈与税を計算する課税価格計算の基礎となる財産の評価に関する基本的な取り扱いを国税庁が定めたもの。土地や家屋に関する権利だけでなく、株式やその他の財産についての財産評価に関する価格計算方法が規定されている。M&A株価と相続や贈与時の株価を比較する際にも財産評価基本通達は利用される。

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

50音順で探す

よく読まれている用語