財産評価基本通達とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

財産評価基本通達 ザイサンヒョウカキホンツウタツ

財産評価基本通達とは、相続税や贈与税を計算する課税価格計算の基礎となる財産の評価に関する基本的な取り扱いを国税庁が定めたもの。土地や家屋に関する権利だけでなく、株式やその他の財産についての財産評価に関する価格計算方法が規定されている。M&A株価と相続や贈与時の株価を比較する際にも財産評価基本通達は利用される。

まずは、M&Aナビに新規登録を

会社売却を今すぐ考えている方はもちろん、まだ考えていない方も、
余裕をもって検討することが大事なので、M&Aナビにまずはご登録ください。
ご要望や不明点をお聞きしながら、最適な進め方をご提案いたします。