財産評価基本通達

(読み方 : ザイサンヒョウカキホンツウタツ)

財産評価基本通達とは、相続税や贈与税を計算する課税価格計算の基礎となる財産の評価に関する基本的な取り扱いを国税庁が定めたもの。土地や家屋に関する権利だけでなく、株式やその他の財産についての財産評価に関する価格計算方法が規定されている。M&A株価と相続や贈与時の株価を比較する際にも財産評価基本通達は利用される。

"財産評価基本通達" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語

企業情報

M&Aナビは、中小企業のM&AプロセスのDXを通じて、全ての企業が低コストでM&Aを行える世界を目指す株式会社M&Aナビが運営しています。

もっとみる

corporate_information

M&Aナビはすべての経営に最良の選択を提供します

new_registration

売り手の方にとっても買い手の方にとっても、 未来を切り拓く取引を実現したい。 M&Aナビは両者が同じ目線で対話をできる 「フラットなプラットフォーム」を目指しています。

会員登録(無料)

メールマガジンでは、 新着情報が受け取れます

必要な条件を設定するだけ!

メールマガジン登録