M&Aナビ
SWOT分析とは

SWOT分析

(読み方 : スォットブンセキ)

経営(事業)にかかわる意思決定をする際に脅威となりそうな要因を4つのカテゴリに分けて分析し、経営資源の最適化を図る経営戦略策定方法の一つである。

4つのカテゴリ

4つのカテゴリは背部環境と外部環境に大きく分けられ、内部環境には

  • 強み
  • 弱み
があり、外部環境には
  • 機会
  • 脅威
がある。以下それぞれの具体例を見ていこう。

内部環境

強み

立地が良い、ベテランスタッフが多いなど事業を行う上でメリットとなる内容。

弱み

スタッフの高齢化、人員不足など事業を行う上でデメリットとなる内容。

外部環境

機会

潜在ニーズの高まり、対象製品・サービスの需要増加など市場環境が追い風状況にある内容。

脅威

人口減少、労働市場の縮小など市場環境が良くない内容。

SWOT分析のやり方について

まず達成するべき目標を明確に設定する。 何を達成するとよいのかが明確になることで、具体的な戦略を立てることができるようになる。 目標設定が出来た段階で、SWOT分析を行っていく。 まずは【機会】と【脅威】を含む外部環境について分析を行っていく。 外部環境では自社ではコントロールできないもの・ことを指す。 例えば、景気や法改正などがあげられる。 次に【強み】と【弱み】を含む内部環境について分析を行っていく。 内部環境では自社で抱えている経営資源や経営方針にかかるもの・ことを指す。 例えば、安定した価額の保有地や従業員の成熟度合いなどがあげられる。 上記4つの項目を拾い出した後は、自社がどの領域にストロングポイントとウィークポイントがあるかなどを把握することができるため、分析結果をもとに次なる打ち手を絞り込んでいく。

M&AにおけるSWOT分析

M&Aを行う際には、なんのためにM&Aを行うかを明確にすることが重要である。 SWOT分析を行うと、どのような機会を得るのか、どのような脅威への対策なのかといった具体的な目的を明確にすることが可能である。 そのため、M&A実行の際には必要な経営判断の基準の一つである。

"SWOT分析" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語