ファインディング

(読み方 : ファインディング)

ファインディングとは、M&Aを行う際に、売却企業を探すことを指す。

ファインディが行われるタイミング

買い手企業側

買い手企業であれば、例えば、経営戦略の選択肢としてM&Aを検討する場合は、ファインディングを行い、売却企業候補を探し出し、良い条件の企業があれば具体的なプロセスに進む。

売り手企業側

売り手企業であれば、例えば、後継者不在かつ税制面の理由から廃業や親族内承継ではなく、第三者承継を選択する場合は、自社を引き継いで貰える企業を探すためファインディングを行う。

ファインディグの注意点

買い手企業側

買い手企業からすると、どんな事業が必要なのか、どれだけのシナジーを見込むことができるのかという観点から精査が必要である。 ファインディングの段階では、シナジー効果をもとに買収後の成長性を重視することが大事である。

売り手企業側

売り手企業側からすると、自社の価値を十分に評価してもらえる企業を探すことが重要である。 特に、買収後の企業価値向上につながるため、シナジー効果を期待できる企業を探すことが非常に重要である。

"ファインディング" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語

企業情報

M&Aナビは、中小企業のM&AプロセスのDXを通じて、全ての企業が低コストでM&Aを行える世界を目指す株式会社M&Aナビが運営しています。

もっとみる

corporate_information

M&Aナビはすべての経営に最良の選択を提供します

new_registration

売り手の方にとっても買い手の方にとっても、 未来を切り拓く取引を実現したい。 M&Aナビは両者が同じ目線で対話をできる 「フラットなプラットフォーム」を目指しています。

会員登録(無料)

メールマガジンでは、 新着情報が受け取れます

必要な条件を設定するだけ!

メールマガジン登録