インカムゲイン

(読み方 : インカムゲイン)

インカムゲインとは、資産を保有することで得られる収入のことをいう。 具体的には、株式を保有することで得られる配当や不動産から得られる賃料収入等のことをいう。

インカムゲインとキャピタルゲインの違い

投資家による資産運用の方法は、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類に分類できる。 インカムゲイン(Income Gain)は、資産を保有することで継続的に得られる利益のことをいう。 主な例としては、株式を保有することで得られる配当金、不動産から得られる賃料収入、銀行預金の利息などである。 キャピタルゲイン(Capital Gain)は、保有する資産を売却することによって得られる利益のことをいう。 主な例としては、土地の売却益や株式の譲渡益などである。

インカムゲインの特徴

インカムゲインの特徴は、値動きが激しい中での売買を避けられるため、ローリスク・ローリターンな投資手法といえる。 また、資産の保有期間は、資産を保有し続けることで安定的・継続的に収入を得られるので、基本的には長期保有を前提としたスタイルとなる。

インカムゲインのメリット

インカムゲインのメリットは、安定的に利益を得ていくことが可能な点である。 例えば定期預金においては、ローリスクで安心して利益を得ていくことが可能である。 また、株式投資の配当金や預貯金の金利などの場合、入金される時点ですでに税金が源泉徴収されているため、改ためて確定申告をする手間を省く事ができる。

インカムゲインのデメリット

インカムゲインのデメリットは、一般的に投資のリターンが低いことである。 例えば株式投資においては、配当の年間利回りは数%程度にしかならない。 また、会社の業績次第では、配当や株式優待が廃止になるリスクもある。

キャピタルゲインの特徴

キャピタルゲインの特徴は、保有する資産を売却することによって、短期間で大きな利益をあげられる可能性がある一方、激しい値動きの中で元本割れをするリスクがある点である。 そのため、ハイリスク・ハイリターンな投資手法といえる。 また、資産の保有期間は、一般的に資産の売却によって利益を得ることを目的としているため短期間といえる。 例えば、株式のデイトレーダーであれば、1日の中で売買を繰り返すケースも多い。

キャピタルゲインのメリット

キャピタルゲインのメリットは、一般的に投資のリターンが高いことである。 例えば株式市場において、短期間で株価が数倍になるケースもあり、その場合は株式を売却することによって大きな利益を得ることができる。

キャピタルゲインのデメリット

キャピタルゲインのデメリットは、一般的に投資のリスクが高いことである。 例えば株式投資においては、投資環境の変化や会社にとってマイナスなニュースによって、株価が暴落し、株式の価値が元本割れするケースがある。

"インカムゲイン" に関連する用語

他の用語を探す

キーワードを入力して探す

よく読まれている用語

企業情報

M&Aナビは、中小企業のM&AプロセスのDXを通じて、全ての企業が低コストでM&Aを行える世界を目指す株式会社M&Aナビが運営しています。

もっとみる

corporate_information

M&Aナビはすべての経営に最良の選択を提供します

new_registration

売り手の方にとっても買い手の方にとっても、 未来を切り拓く取引を実現したい。 M&Aナビは両者が同じ目線で対話をできる 「フラットなプラットフォーム」を目指しています。

会員登録(無料)

メールマガジンでは、 新着情報が受け取れます

必要な条件を設定するだけ!

メールマガジン登録