種類株式とは

M&Aに関する用語を
分かりやすく解説いたします

種類株式 シュルイカブシキ

種類株式とは、内容の異なる2以上の種類の株式であり、株主の多様なニーズに応えることができる。種類株式として定めることができる事項は、剰余金の配当、残余財産の分配、議決権制限、譲渡制限、取得条項、取得請求権、全部取得条項、拒否権、役員選任であり、これらを複数組み合わせた株式を発行することも可能である。

まずは、M&Aナビに新規登録を

会社売却を今すぐ考えている方はもちろん、まだ考えていない方も、
余裕をもって検討することが大事なので、M&Aナビにまずはご登録ください。
ご要望や不明点をお聞きしながら、最適な進め方をご提案いたします。