スモールM&Aとは?〜定義からメリット、デメリット、成功の秘訣までを解説〜

2024年03月15日

small-ma

>>事業の譲渡・売却について相談する

この記事では、最近注目されているスモールM&Aについて解説します。

スモールM&Aとは何かについての解説から具体的な進め方、事例について解説をしていきますので、スモールM&Aに興味を持つ方は必見です。

スモールM&Aの定義

スモール m&a

この章では、スモールM&Aが何を指すのか、その定義を中心に、スモールM&Aの基本的な知識について紹介します。

スモールM&Aとは?

スモールM&Aは、規模の小さい企業間の合併や買収を指します。
中小企業やスタートアップが主な対象で、資金力やリソースが限られている場合に特に有効です。

大規模なM&Aと比較して手続きが簡素で、実行しやすいという特徴があり、経営資源の最適化や新市場への展開、事業承継の解決策として利用されます。

スモールM&Aは、市場や技術の変化に迅速に対応し、新しいビジネスチャンスを掴むための戦略的手段としても注目されています。

注目されている理由

昨今スモールM&Aが注目される場面が多くなっていますが、そこにはいくつかの理由があります。
それぞれについて見ていきましょう。

事業承継問題

スモールM&Aが注目される大きな理由の一つは、事業承継問題の解決です。

後継者が不在の中小企業にとって、M&Aによって第三者に事業を譲渡することは、事業の継続を可能にし価値を維持する手段となります。

会社員の副業・独立の手段

会社員が副業や独立を考える際の手段としてもスモールM&Aは有用です。

既存の事業基盤を活用し、リスクを抑えながら新たなキャリアを築くことが可能です。

企業の新規事業の立ち上げの手段

大企業が新規事業を立ち上げる際にもスモールM&Aが利用されます。

既に市場で活動している小規模企業を買収することで、迅速な市場進出と事業拡大が期待できます。

スモールM&Aを進める方法

スモール m&a

そんなスモールM&Aですが、具体的に進めるにはどのような方法があるのでしょうか。
通常のM&Aと比べて異なる方法がありますので、解説してきます。

マッチングプラットフォームを利用する

マッチングプラットフォームの利用は、適切なM&Aパートナーを探す上で有効です。
M&Aのマッチングプラットフォームでは、業界、規模、地域などの条件に基づいて最適な企業とのマッチングすることができます。

これにより、目的に合った企業間の接触が容易になり、効率的な取引が可能になります。

また、これらのプラットフォームは、市場の最新動向や価値評価に関する情報も提供し、適切な意思決定をサポートします。

M&Aアドバイザーに相談する

M&Aアドバイザーは、市場分析から価値評価、交渉戦略の策定まで、M&Aプロセス全体にわたる専門的な支援を提供します。

彼らは、取引の成功に必要な洞察と経験を持ち、複雑な取引状況をナビゲートする上で重要な役割を果たします。

アドバイザーの専門知識は、リスクの軽減と成功の可能性を高めるために不可欠です。

士業専門家に相談する

弁護士や税理士などの士業専門家は、法的・税務的な問題に関する深い知識を持ち、M&A取引における複雑な法的リスクや税務戦略を助言します。

彼らは、取引に伴う法的な課題の特定や解決策の提案、税務効率化のアドバイスを行い、スムーズで合法的な取引を支援します。

引継ぎ支援センターに相談する

引継ぎ支援センターは、国により設置されている事業承継・M&Aの相談窓口です。

具体的には、事業承継計画の策定、マッチングのサポートなどをサポートします。
国により設立された機関であるため安心して相談することができます。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

スモールM&Aにおすすめの業種・業界

スモール m&a

次にスモールM&Aにおすすめの業種や業界について見ていきます。
いま事業の売却を検討している方や、今後事業の買収を検討している方は参考にしてみてください。

飲食店

飲食店業界は、スモールM&Aに特に適しています。

小規模ながら特色ある料理やサービスを提供する店舗は、M&Aにより新たな経営戦略やメニュー開発を実現可能です。

また、地域の特性や顧客の好みを把握した店舗同士の統合は、市場での競争力を高めることが期待されます。

経営の多角化や新規顧客層の獲得も、M&Aを通じて実現できる可能性があります。

トレーニングジム

トレーニングジムは、スモールM&Aの有力な候補です。

売却側の目線で見ると、地域に密着した小規模なジムが、より大きなフィットネスチェーンの一部となることで、顧客基盤の拡大や新しいトレーニング機器の導入が可能になります。

エステ・美容サービス

エステや美容サービス業界は、個人の専門技術や顧客基盤を重視するため、スモールM&Aに適しています。

また、異なるタイプの美容サービスを提供する複数のサロンの統合は、一つの強力なブランドとして市場での地位を確立できます。

エステや美容サービスでは独立の手段としてM&Aを選択することも有効な手段の一つであるといえます。

EC・アフィリエイトサイト

スモール m&a

EC業界やアフィリエイトサイトは、保有する資産規模が小さいことからスモールM&Aとして最適な業種の一つであるといえます。

小規模ながら影響力のあるサイトを買収することで、既存の顧客基盤を拡大し、新しい販売チャネルを確立することが可能です。

また、異なるターゲット市場を持つ複数のサイトを統合することで、広範な顧客層へのアクセスとブランドの認知度向上が期待できます。

美容室・理容室

美容室や理容室もスモールM&Aに適した業種の一つです。
M&Aを通じて、技術の共有や新しいスタイリストの採用が可能となり、サービスの質と顧客満足度を高めることができます。

また、異なるスタイルやコンセプトを持つ複数のサロンを統合することで、幅広い顧客ニーズに応えることが可能になります。

この統合により、店舗ごとの特色を維持しつつ、サービス範囲を拡大し、顧客基盤を広げることができます。

旅行・宿泊施設

旅行業界や宿泊施設は、異なる地域や特色を持つ施設間のM&Aにより、顧客に多様な体験を提供する機会を増やすことができます。

例えば、特定の観光地に特化した宿泊施設の買収は、その地域でのブランド価値を高め、新たな顧客層を引き付けることが期待されます。
また、M&Aにより、サービスの質の向上や効率的な運営が実現し、業界全体の競争力強化に寄与します。

レンタルスペース・貸し会議室

レンタルスペースや貸し会議室の業界では、スモールM&Aに適した業種の一つであるといえます。

特に、新しい地域への拡大や異なるタイプのスペースを提供する事業を買収することで顧客により高い価値を提供することができます。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

スモールM&Aのメリットとデメリット

小規模M&Aを行うと売り手と買い手双方に多くのメリットとデメリットがあります。

この章では、売り手と買い手の双方の視点から小規模M&Aのメリットとデメリットを解説します。

売り手:メリット

スモール m&a

まずは売り手側のメリットについて解説をしていきます。

事業継承問題の解決

スモールM&Aは、後継者不在の企業にとって、事業を継続しつつ新しい経営力を導入する有効な方法です。

これにより、事業の将来性を保ちながら、地域社会や従業員に対する責任を果たすことが可能になります。

個人保証からの解放

M&Aにより株式を売却することにより、個人保証が外れることが多くあります。

特に小規模企業では、個人保証が大きな負担となっている場合が多いため、この点は重要です。

創業者利益の確保

長年の経営努力が適正な評価を受ける機会を提供し、創業者がその成果を実現できる点も大きなメリットです。

長い時間をかけて育てた会社を適切な評価の下で売却をすることができれば、創業者としての利益を得ることができます。

売り手:デメリット

次に売り手のデメリットについて解説します。

統合失敗のリスク

企業文化の違いや経営スタイルの不一致により、統合後の組織が機能不全に陥る可能性があります。

従業員のモチベーション低下や生産性の低下を引き起こす可能性があります。

場合によっては長年一緒に成長を支えてきた従業員の離職の原因になることがあるため、慎重な手続きが必要です。

買い手:メリット

スモール M&A

次に買い手のメリットについて解説をします。

素早い新規事業の立ち上げ

スモールM&Aを通じて、買い手側は既に市場で確立されたビジネスモデルや顧客基盤を活用できます。

これにより、新しい事業分野への進出が迅速に行え、市場での時間とコストを節約できる可能性があります。

さらに、既存のブランドやリソースを最大限に活用することで、新規事業のリスクを軽減できます。

新しい技術領域の獲得

買収により、最新の技術や専門知識を持つ企業を取り込むことができます。
これにより、買い手側は自社の技術力を強化し、市場での競争優位性を確立できます。

また、新たな技術獲得は、製品やサービスの革新を促し、長期的な成長と収益性の向上に寄与します。

販路の拡大

スモールM&Aを利用することで、新しい市場や顧客層にアクセスする機会が得られ、販売チャネルが拡大し、企業の収益基盤を強化できます。

また、異なる市場セグメントへの進出は、事業の多角化と安定した収益源の確保に貢献します。

買い手:デメリット

最後に買い手のデメリットについて解説をします。

債務引き継ぎのリスク

買収した企業の隠れた債務や財務上の問題を引き継ぐことにより、予期せぬ財務的負担を負う可能性があります。

予期せぬ負担を負わないためにも慎重な買収監査や案件の精査が必要です。

統合失敗のリスク

組織間の文化的衝突や経営方針の不一致により、統合後のシナジー効果が発揮されないリスクがあります。

期待していたシナジー効果が発揮できるよう買収後には十分な時間とコストをかけて統合のプロセスを進めていく必要があります。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

スモールM&Aの流れと手順

スモール m&a

小規模M&Aのプロセスは、通常のM&Aの流れと大きく異なる部分はありません。
一方で、通常の大企業のM&Aに比べてスピーディで、個々のニーズに合わせた柔軟性を持っていることが特徴です。

以下のステップをスピーディーかつ慎重に進めていく必要があります。

① 事前検討・準備

スモールM&Aの最初のステップは、事前検討と準備です。

この段階では、自社のビジネス目標、M&Aによって達成したい成果、予算などを明確に定義します。

また、市場分析や潜在的なM&Aの対象に関するリサーチも行われ、戦略的な計画が策定されます。

② 交渉相手の選定

適切な交渉相手の選定は、スモールM&Aの成功に不可欠です。

この過程では、潜在的な買収対象や合併相手を識別し、そのビジネスモデル、財務状況、市場での位置づけなどを評価します。

最適なパートナーの選定は、M&Aの目的達成に大きく影響します。

③ 交渉

スモール M&A

交渉段階では、買収条件、価格、取引のタイミングなどが議論されます。
この段階では、双方の利益を考慮しながら、適正な条件での合意を目指します。
交渉は、しばしば複数のラウンドにわたり、両社のニーズと期待に基づいて進められます。

④ 買収監査の実施

買収監査(デューデリジェンス)は、買収対象企業の財務状況、法的問題、業務運営などを詳細に調査する過程です。

このプロセスを通じて、リスクを評価し、取引の価値を判断する根拠を定めていきます。

⑤ 譲渡契約の締結

契約締結段階では、買収条件、支払い方法、買収後の運営方針などが正式な契約書に記載されます。

この契約は、両者間の合意事項を正式に確定し、法的拘束力を持つものとなります。

⑥ 事業の引き継ぎ・その他手続き

契約の締結が完了した後は、事業の引き継ぎが行われます。
従業員の移行、顧客情報の共有、経営プロセスの統合などが含まれます。

また、必要に応じて行政的な手続きも進められ、新しい経営体制への移行が完了します。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

スモールM&Aを実現させるにはマッチングプラットフォームがおすすめ!

スモール m&a

最近はスモールM&Aを実現させるにおいて、マッチングプラットフォームという手段が主流になっています。
この章では、マッチングプラットフォームの内容やおすすめの理由について解説していきます。

マッチングプラットフォームとは

マッチングプラットフォームは、M&Aにより事業の売却を希望する企業と買収を希望する企業を結びつけるツールです。
これまでのM&Aの手法と比較して、効率的なマッチングや安価な手数料が特徴です。

日本では2018年頃から徐々に業界に浸透し始め、今では多くの企業が活用するツールにまで成長しています。

スモールM&Aにマッチングプラットフォームがおすすめな理由3つ

では、なぜスモールM&Aを進めるにはマッチングプラットフォームがおすすめなのでしょうか。
3つの理由をあげながら解説していきます。

手軽に始められる

マッチングプラットフォームは、オンラインで手軽に利用できます。

時間や場所を選ばず、簡単にM&Aの対象企業を探すことができるため、特に中小企業にとってはアクセスしやすいツールです。

マッチングを最大化できる

多くの企業が登録しているプラットフォームでは、幅広い選択肢から最適なマッチングを見つけることが可能です。

多様な業界や規模の企業が参加しているため、より適切なビジネスパートナーを見つけやすくなります。

手数料が安い

一般的に、マッチングプラットフォームはこれまでのM&Aアドバイザーよりも低コストで利用できます。

これにより、特に資金に制約がある小規模企業にとっては、経済的な選択肢となります。

マッチングプラットフォームを利用する際の注意点3つ

スモール M&A

一方で、マッチングプラットフォームはウェブ上での手続きが主であることから、通常のM&Aとは異なる注意点があります。

募集情報の公開範囲を確認する

自社の情報がどの程度公開されるのかを事前に確認することが重要です。

プライバシー保護や競合他社への情報漏洩を防ぐための対策を講じる必要があります。

登録している会員の信頼性を確認する

プラットフォーム上の企業が信頼できるものかを確認することが重要です。

実際の業績や評判、事業内容を慎重に調査し、安心して取引できるパートナーを選ぶ必要があります。

本人確認など会員の審査を適切に実施しているプラットフォームを選ぶようにしましょう。

サポート体制の違いを理解する

プラットフォームによっては、サポート体制やアドバイスの提供程度が異なります。

自分のニーズに合ったサポートを提供するプラットフォームを選択することが、スムーズなM&Aプロセスに繋がります。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

おすすめのM&Aマッチングプラットフォーム5選

1. M&Aナビ

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 M&Aナビ

M&Aナビは、日本最大級のM&Aマッチングサイトです。様々な業種や規模、地域の事業案件が登録されており、小規模M&Aにも対応しています。また、M&Aの専門家が無料で相談に乗ってくれるサービスもあります。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

2. TRANBI(トランビ)

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 TRANBI

TRANBIは、国内初の事業継承M&Aマーケットで、日本の中堅・中小企業に特化したM&Aマッチングプラットフォームです。中小企業間のM&Aを促進し、事業の成長をサポートしています。

3. M&Aサクシード

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 M&Aサクシード

M&Aサクシードは、法人・審査制のM&Aマッチングサイトです。
後継者不在などを理由に事業承継や譲渡を考える経営者と、M&A案件の成約実績が豊富な譲り受け企業をつなげ、質の高いM&Aマッチングを提供しています。

4. BATONZ(バトンズ)

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 batonz

成約実績No.1の事業承継支援・M&Aマッチングプラットフォームです。
常時17,000件以上のM&A案件を掲載し、約22万の買い手候補から平均18件以上のオファーを受けられます。専門家サポートとDXを組み合わせた最先端のM&A支援サービスを提供します。

5. スピードM&A

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 SPEEDM&A

スピードM&Aは、インターネットで直接、買い手を探せるマッチングプラットフォームです。
仲介会社であれば通常6か月以上かかるM&Aを平均3か月で成約できといったスピーディーな交渉が特徴です。

これらのM&Aマッチングプラットフォームは、日本国内でM&A取引を行う企業や個人にとって貴重なツールとなっています。
それぞれ特徴や利用条件が異なりますので、ご自身のニーズに合わせて選択してください。
M&Aに関するご相談やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

スモールM&Aのまとめ

スモール m&a

この記事では、スモールM&Aの基本から、その具体的な流れ、そして成功の鍵となる要素について詳細に解説してきました。スモールM&Aは、中小企業が新たな成長の機会を掴むための有効な戦略です。これを利用することで、事業の拡張、新技術の取得、さらには市場での競争力強化など、多くのメリットを享受することができます。

また、スモールM&Aの実現においては、M&Aマッチングプラットフォームの利用が有効であることをお伝えしました。この記事が、スモールM&Aに関心を持つ経営者や企業の意思決定者にとって、有益な情報源となれば幸いです。

M&Aナビは、買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いことが特徴です。ぜひご活用ください。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

関連記事

IT M&A
M&A・事業承継の基礎知識
2024年03月22日

全てを網羅!小規模M&Aの成功への道筋~実例とともに手法と流れを解説~

>>事業の譲渡・売却について相談する 近年、小規模M&Aが注目を集めています。 これまで、M&A(Mergers and Acquisiti

  • 小規模
  • 小規模M&A
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年03月14日

    【2024年最新版】M&A戦略を磨くための必読書籍・本32選!最新のM&A情報を網羅しよう!

    >>メールで新着情報を受け取る M&Aは企業の成長戦略において重要な手段の一つとなっており、その成功のカギを握る知識は今やビジネスパーソンにとって必須

  • M&A書籍
  • M&A本
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年04月09日

    【2024年版】M&A・事業承継のおすすめマッチングサイト20選を徹底比較!

    >>メールで新着情報を受け取る 最近は会社や経営者に限らず、個人によるM&Aも広まってきています。 それに比例する形で近年急激に増加しているのが事業承

  • M&A
  • M&Aマッチングサービス
  • M&A方法
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年04月12日

    【保存版】M&Aを大成功させるには?成功の定義や成功要因など基礎知識を徹底解説

    >>事業の譲渡・売却について相談する 一昔前と比べると、M&Aという言葉について耳にする機会も増えてきました。 以前は、大手企業やファンドなどによる敵

  • M&Aのメリット
  • M&Aの基礎知識
  • M&Aの手法
  • 事前準備
  • 新着買収案件の情報を受けとる

    M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。