コラム

事業譲渡による事業承継のメリット・デメリット

M&Aの概要 会社売却の方法

M&Aとは何でしょうか?乗っ取りのこと?それとも合併のことでしょうか?

経営者に聞いても未だにこのような印象を持たれている方も多くいらっしゃいます。

本稿では、M&Aとは一体何なのか、中堅中小企業のM&Aでよく用いられる2手法、その内の一つである「事業譲渡」についてご説明します。

M&Aって何?どんな手法がある?

M&Aとは

M&Aとは、「merger and acquisition」の略であり、日本語訳すると確かに「買収と合併」となります。

しかし、M&Aとは株式譲渡、事業譲渡、会社分割、合併、株式分割、株式移転、株式公開買い付けなど数多くの手法の総称です。

良く用いられる手法

中堅中小企業のM&Aで多く利用されるスキーム(手法のことです)は、圧倒的に「株式譲渡」が多く、続いて多いのが「事業譲渡」です。

今回は、2番目に多い事業譲渡の特徴についてのお話です。

 

事業譲渡とそのメリット

事業譲渡とは

事業譲渡とは会社の事業の全部または事業の重要な一部を第三者に譲渡することです。

一例を挙げます。

A社という1つの会社で、2つの事業を行っています。

1つは飲食事業、もう1つは介護事業です。

今回、介護事業に経営資源を集中するため「飲食事業」のみを売却したい。

このようなケースのときに、「事業譲渡」を利用します。

結果、飲食事業に興味をもったB社が譲り受けることになりました。

今後この飲食事業はB社が運営することになるため、取引先との契約、従業員との雇用契約などはB社として締結し直す必要があります。

この点が株式譲渡とは大きく異なります。

また、事業譲渡では譲渡する資産を特定して売却するため、簿外債務などを引き継ぐリスクがなくなります。

事業譲渡のメリット

主なメリットを以下にまとめます。

メリット

  • 売主、買主にとって必要な資産のみを事業譲渡対象とすることができる
  • 簿外負債、偶発債務等のリスクをシャットダウンできる
  • 買手にとっては償却資産やのれんの償却メリットを享受できる

株式譲渡ではオーナー個人に譲渡対価が入りますが、事業譲渡は会社の事業を譲渡するため、対価は会社に入ることになります。

また、事業譲渡では消費税が発生します。この点も株式譲渡との違いです。

さいごに

自社の抱える課題によって、適切なスキーム(手法)を選択する必要があります。

M&Aナビ(エムエーナビ)では、M&A進行のナビゲート機能をはじめ、不明な点があれば弊社アドバイザーがオンラインで無料相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。

M&Aに関する相談をいつでも無料で受け付けています

M&Aナビでは、会社の売却を考えている人も買収しようと思っている人も、オンラインで一から準備を進めることができます。
また、実績豊富なプロのアドバイザーが完全無料でサポートさせていただきます。
M&Aナビに登録後、どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

登録してアドバイザーに相談する

facebookでもM&A情報を提供しています