【2024年版】製造業(メーカー)M&Aの 動向、事例、成功の秘訣と価格相場などを解説

2024年06月04日

製造業 m&a

2024年、製造業界はM&Aが今まで以上に盛んになると予想されています。
この記事では、製造業におけるM&Aの最新動向から、成功事例、そして注意すべきポイントまでを詳細に分析します。

成功の秘訣とリスク管理のバランスを理解することは、M&Aを戦略的に行う際に欠かせません!
是非参考にしてみてください!

この記事を通じて、製造業におけるM&Aの全貌を理解し、自社の成長戦略に活かすことができるでしょう。
今後の事業展開に向けた有益な情報を提供し、読者の皆さんの企業がさらなる成功を収めるための一助となることを目指します。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており、様々な出会いのお手伝いをしています。
充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので、安心してご利用いただけます。

新規会員登録

2024年の製造業(メーカー)M&A市場の最新動向

製造業 m&a

製造業界は近年M&A市場で顕著な進展を見せています。
2022年の製造業を対象にしたM&Aは、件数が2021年比4.3%増の216件(前年は207件)となり、2年連続の増加となりました。

経済のグローバル化と技術革新の波がこの傾向を加速させていると考えられており、製造業界では企業間での協力や合併が日常的な風景になりつつあります。
また、大手企業が中小企業を取り込むケースが増え、新たな市場機会の創出や効率化を目指す動きが目立ってきています。

大手と中小企業間のM&A増加

大手製造業の会社は、競争力を高めるため、中小企業とのM&Aに積極的に取り組んでいます。
このような戦略の背景には、技術力や市場へのアクセスを拡大するとともに、新しい事業領域への進出を図る目的があります。
そのため特に、革新的な技術や特許を持つ中小企業が注目されています。

異業種企業とのM&Aの傾向

また、製造業界では従来の枠を超えた異業種間M&Aも増加しています。

これは、テクノロジーの進化に伴い、新しいビジネスモデルやサービスの開発を求められていることが原因と考えられています。
例えば、AIやIoTの導入による製造プロセスの効率化や新製品開発が進む中において、異業種からの知識や技術の獲得に対する重要度が大きくなっています。

事業革新のためのM&A戦略

事業革新を目的としたM&Aは、製造業にとって重要な戦略の一つです。
企業はM&Aを通じて、事業の多角化や新市場への進出を図り、持続可能な成長を目指しています。

コア事業の再編成

コア事業の再編成は、M&Aを活用する主要な方法の一つです。
企業は自社の強みを活かしつつ、合併や買収を通じて事業範囲を拡大し、市場での競争力を高めています。

新技術の統合と発展

新技術の統合は、製造業のM&Aにおいて特に重要な要素です。
企業は新しい技術やプロセスを取り入れることで、製品の質を向上させ、生産効率を高めることができます。
これにより、市場における競争優位を確立し、成長を促進しています。

M&A市場の最新動向については、以下の記事にもまとまっています。こちらの記事も参考にしてみてください。

【2024年最新版】M&A業界の今後の動向と展望...

日本では後継者不在による黒字廃業が社会問題のひとつになっていることを背景にM&A業界の今後に注目が集まっています。 2025年までに70歳を超える中小・零細企業の経営者は約245万人と予想され、うち半数以上の約…

中小企業のM&Aが増加している背景とは

中小企業の経営者の皆さん、最近M&Aが増加しているという話を耳にすることが多いのではないでしょうか。 しかし、なぜそのような傾向が見られるのか、具体的な理由を知りたいと思っていませんか? この記事では、中小企業…

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

製造業(メーカー)M&Aの価格相場

製造業 m&a

業界別M&A価格相場の動向

製造業におけるM&Aの価格相場は、業界ごとに大きな差異があります。
一部の高い技術を要する産業では、技術の特異性や市場の成長可能性を背景に高価格での取引が見られます。

一方、伝統的な製造業では、市場の安定性や成熟度によって、比較的安定した価格での取引が多いです。

M&A取引時の評価基準

製造業のM&A取引時には、企業価値の評価が重要なファクターとなります。

この評価は、財務状況、市場における立ち位置、技術力、将来性など、多角的な観点から行われます。

M&Aの価格相場については、以下の記事にもまとまっています。こちらの記事も参考にしてみてください。

会社売却の価格に相場はある?M&Aにおける3つ...

あなたが「会社を売りたい」と考えたとき、一体いくらで売るのが最適だと思いますか? あなたの会社が5億円の買収予算を持っているとして、どれくらいの規模の会社を買収できると思いますか? M&Aにおいて「会社の価値(…

製造業(メーカー)におけるM&Aのメリット・デメリット

製造業 m&a

製造業界では、M&A(合併・買収)が一つの重要な戦略として位置づけられています。
M&Aは企業にとって多大なメリットをもたらす一方で、リスクも伴います。

このセクションでは、製造業におけるM&Aのメリットとデメリットに焦点を当てて解説します。

売却側のメリット

製造業でのM&Aにおける売却側のメリットには、

  • 経営の安定性と資産価値の向上
  • 従業員の雇用保障
  • があります。

    経営の安定性と資産価値の向上

    売却により、不確実な市場環境の中で企業の経営を安定化させることができます。
    また、M&Aによる売却は企業価値を高め、オーナーにとって有利な取引を可能にします。市場での競争力を高め、より良い条件での取引が期待できるため、資産価値の向上が見込まれます。

    従業員の雇用保障

    製造業におけるM&Aは、従業員の雇用の安定にも寄与します。
    特に中小企業の場合、大手企業との合併や買収は、従業員の雇用を長期的に保障する手段となり得ます。
    また、新しい経営体による資源の統合は、従業員のキャリアアップの機会をもたらす可能性もあります。

    買収側のメリット

    一方で買収側にも多くのメリットがあり、これには

  • 技術と資源の獲得
  • 市場シェアの拡大
  • などが含まれます。

    技術と資源の獲得

    製造業におけるM&Aは、先進技術や特許、専門的なノウハウなどを獲得する絶好の機会です。

    買収を通じて、自社の製品ラインナップを強化し、新たな市場に進出することが可能になります。
    これにより、企業は技術的優位性を築き、競争力を高めることができます。

    市場シェアの拡大

    また、M&Aは市場シェアを迅速に拡大する効果的な手段です。

    特に、既存の市場や顧客基盤を持つ企業を買収することにより、新規顧客へのアプローチが容易になり、市場における存在感を強化できます。
    この戦略は、特にグローバル市場において重要な意味を持ちます。

    売却側のデメリット

    製造業におけるM&Aは、多くのメリットをもたらす一方で、売却側と買収側それぞれに留意すべきデメリットが存在します。これらの理解は、M&Aの戦略的な運用において重要です。

    売却側のデメリットとしては、

  • 経営の自主性喪失
  • 従業員の不安と流出
  • ブランドイメージの変化
  • があります。

    経営の自主性喪失

    売却側の最大のデメリットは、経営の自主性の喪失です。
    売却後、企業の意思決定権が減少し、新たな所有者による経営方針の変更が発生する可能性があります。
    これは、従来の企業文化や価値観の変化を引き起こし、組織の一体感やモチベーションに影響を及ぼす可能性もあります。

    従業員の不安と流出

    また、M&Aは従業員の不安を引き起こし、特に優秀な人材の流出を招くリスクがあります。
    重要なスタッフや管理職が他の機会を求めて会社を去るという可能性は低くはありません。
    このようなことが生じると、企業の業務遂行能力やイノベーション能力が損なわれる可能性が高まります。

    ブランドイメージの変化

    さらに、企業の売却は、長年にわたって構築されてきたブランドイメージや市場での地位に影響を与える可能性があります。
    顧客や市場による認識の変化は、製品やサービスへの信頼性の低下を招き、売上げに直接的な影響を及ぼす可能性があります。

    買収側のデメリット

    買収側のデメリットとしては、

  • 高額な費用と財務リスク
  • 統合の複雑さと管理の困難
  • 期待した成果の不達成
  • があります。

    高額な費用と財務リスク

    買収側の主要なデメリットの一つは、高額な費用とそれに伴う財務リスクです。

    特に、競争が激しい取引では、過剰な価格での買収が行われることがあり、長期的な財務的負担を増加させることになります。
    これは、特に中小企業にとっては、資金繰りの問題や他の投資機会の損失を招く可能性があります。

    統合の複雑さと管理の困難

    異なる企業文化や経営スタイル、システムの統合は、非常に複雑なプロセスです。

    この統合プロセスの困難さは、組織内の混乱や業務の遅延を引き起こし、結果として経営効率の低下を招く可能性があります。
    特に企業文化の衝突は、従業員のモラル低下や生産性の減少につながる可能性があります。

    期待した成果の不達成

    また、M&Aによるシナジー効果や市場拡大の期待が実現しないリスクもあります。
    市場の予測の誤算、技術の統合失敗、または経営方針の不一致により、投資の回収が困難になり、企業の財務状態に悪影響を及ぼすこともあります。

    M&Aのメリット・デメリットについては、以下の記事にもまとまっています。こちらの記事も参考にしてみてください。

    M&Aの基本を簡単にわかりやすく徹底解説~合...

    この記事では、M&Aの基本概念やプロセス、そしてそのメリット・デメリットを簡潔かつわかりやすく解説します。 M&A(Mergers and Acquisitions)は、ビジネス戦略の一つとして、多く…

    M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

    製造業(メーカー)のM&A成功への3つのポイント

    製造業 m&a

    製造業におけるM&Aの成功は、戦略的な計画と目標設定、適切なパートナーの選定、統合後の経営管理によって大きく左右されます。
    ここでは、これら3つの重要なポイントについて詳しく見ていきましょう。

    戦略的計画と目標設定

    M&Aを成功に導くためには、明確な戦略的計画と具体的な目標設定が不可欠です。
    市場分析、競合他社の動向調査、自社の長期的な目標との整合性などを考慮し、目的に合ったM&A対象を選定することが重要です。

    適切なパートナーの選定

    適切なパートナーの選定は、M&Aの成功を大きく左右する要因の一つです。
    企業文化の相違、経営理念の一致、技術や市場でのシナジーを考慮し、長期的な関係構築を目指すことが重要です。
    この過程で、弊社も運営しているM&Aマッチングプラットフォームの利用が有効な手段となることもあります。

    統合後の経営管理

    M&A後の統合プロセスは、成功に至るための重要なステップです。
    異なる企業文化の融合、業務プロセスの整合性確保、従業員のモチベーション管理など、多岐にわたる要素を考慮し、スムーズな統合を目指す必要があります。
    統合後の経営管理は、M&Aの成果を最大化するために欠かせない要素です。

    製造業(メーカー)M&Aの成功事例5選

    製造業界におけるM&Aは、業界再編成や技術革新の推進力となっています。
    本セクションでは、国内外で成功を収めた製造業のM&A事例を分析し、その成功の秘訣を探ります。

    オーイズミがバブルスターを買収した事例

    2022年4月、遊技機関連の装置と機器、さらに不動産の賃貸・管理事業を展開するオーイズミは、健康食品製造・販売業界のバブルスターの全株式を獲得し、その企業を自社の完全子会社に編入しました。この買収による具体的な金銭的取引の詳細は公開されていません。オーイズミは、太陽光発電事業、ゲームソフトの開発、酒類の醸造、農産物の加工食品製造など、多岐にわたる分野で活動するグループ会社を有しており、バブルスターの買収によって、これらの事業間での相乗効果を高めることを狙いとしています。。

    リベルタがファミリー・サービス・エイコーを子会社化した事例

    また2022年4月には、美容品や日用雑貨、機能性衣料の企画・販売、輸入腕時計の日本総代理店業務、PRマーケティングの企画などを手掛けるリベルタが、ファミリー・サービス・エイコーの86.8%の株式を取得し、これをグループの一員に加えました。
    この買収に関する金額の詳細は明かされていません。
    ファミリー・サービス・エイコーは、医療機器や浄水器、歯ブラシ、除菌装置などを製造・販売する企業で、リベルタはこの買収を通じて、自社の商品ポートフォリオの拡充を実現しました。

    レンゴーは永井鉄工を子会社かした事例

    そして2022年3月、段ボールや段ボール箱、紙器、その他の紙加工品の製造・販売を手掛けるレンゴーは、永井鉄工の全株式を取得し、同社を完全な子会社として迎え入れました。この買収の価格に関する情報は公開されていません。永井鉄工は製紙関連の機械設計・製作・組立や制御システムの開発を行っており、レンゴーにとってこの買収は、グループ全体の技術開発能力を強化する重要な一歩となります。

    四国化工機がセントラル機械商事を子会社化した事例

    2022年3月、充填包装機器や食品用包装資材、大豆加工食品の製造・販売を手掛ける四国化工機は、セントラル機械商事の全ての株式を獲得し、完全に子会社化しました。
    買収価格に関する詳細は公開されていません。
    セントラル機械商事は、各種機械装置や画像処理装置の製造・販売を行っており、後継者の不在から事業承継の話が持ち上がり、四国化工機が買収に至りました。
    両社の事業にシナジー効果が期待されています。

    マミヤ・オーピーがシャフトラボを子会社化した事例

    同じく2022年3月、電子機器やスポーツ用品の製造販売、不動産事業を行うマミヤ・オーピーは、シャフトラボの全株式を、親会社であるイーシー都市開発から2億円で買収し、これを完全子会社化しました。
    シャフトラボは、ゴルフシャフトの製造・販売および遮断桿の製造を行う企業です。
    マミヤ・オーピーは、この買収により、グループ内のスポーツ用品事業を、カーボンシャフトの製造に特化させる戦略を持っています。

    M&Aの成功事例と失敗事例については、以下の記事にもまとまっています。こちらの記事も参考にしてみてください。

    M&A成功事例34選~大企業、中小企業、業界別...

    当記事では、M&A(企業の合併・買収)において成功した34の事例を紹介します。 大企業や中小企業、業界別に分けて取り上げ、その成功の秘訣に迫ります。 M&Aは企業成長のために欠かせない手段であり、成功…

    M&A失敗事例18選~経営統合が破綻した企業の...

    M&A(合併・買収)は企業成長戦略の一つとして注目されていますが、成功とともに失敗事例も少なくありません。 本記事では、飲料食品業界、IT/WEB業界、商社業界、製造業界、小売業界、電気業界、不動産業界、金融業…

    M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

    成功に導いた要因の詳細

    成功に導いた要因としては、戦略的な計画立案が挙げられます。
    市場分析、技術評価、そして社内外のステークホルダーとのコミュニケーションが成功の鍵となります。また、法的規制やコンプライアンスへの遵守も、トラブルを避け、スムーズな統合を可能にするために不可欠です。

    製造業(メーカー)M&Aにおける3つの注意点

    製造業 M&A

    製造業でのM&Aは多大な利益をもたらす一方で、失敗のリスクも伴います。以下の3つの注意点

  • 市場と技術の綿密な分析
  • 社内外のステークホルダーとのコミュニケーション
  • 法的規制とコンプライアンスの遵守
  • を抑えることで、成功に近づけるでしょう。

    市場と技術の綿密な分析

    製造業におけるM&A成功のためには、市場動向と技術の綿密な分析が必要です。
    市場の需要予測、競合分析、そして技術の将来性評価は、M&Aの成否を大きく左右します。

    社内外のステークホルダーとのコミュニケーション

    社内外のステークホルダーとの効果的なコミュニケーションも、M&Aの成功には欠かせません。
    従業員、株主、取引先との円滑なコミュニケーションは、M&A後の統合プロセスをスムーズに進めるために不可欠です。

    法的規制とコンプライアンスの遵守

    最後に、法的規制とコンプライアンスの遵守は、M&Aにおいて重要な側面です。
    特に国際的なM&Aでは、異なる国の法律や規制への理解と適応が求められます。
    これらの要素を正しく理解し、適応することで、M&Aプロセスのリスクを最小限に抑えることが可能です。

    【製造業 M&A】まとめ

    製造業 M&A

    いかがだったでしょうか?
    本記事では、製造業におけるM&Aの重要性とその実行にあたっての成功事例、価値評価、メリット・デメリット、そして実行に際しての重要なポイントを深く掘り下げました。

    これらの知見は、製造業界におけるM&Aを検討する企業や経営者にとって、戦略的な意思決定を行う上での貴重なガイドとなるでしょう。
    M&Aは単なる買収や合併以上の意味を持ち、企業の成長、革新、市場拡大のための強力なツールとして機能します。
    今後もM&Aは製造業界の発展において中核的な役割を果たし続けることでしょう。

    またM&Aナビは、売り手・買い手ともにM&Aにかかる手数料などを完全無料でご利用いただけます。買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いのも特徴です。

    M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

    関連記事

    M&A・事業承継の基礎知識
    2024年05月29日

    中小企業のM&Aにおける事業承継のメリットと高く売却できる条件とは?

    近年、親族や従業員への事業承継ではなく、第三者へのM&Aによる株式譲渡や事業譲渡を選択する中小企業の数が増加傾向にあります。 会社や事業の売却は、売手

  • 売手
  • 役員退職金
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年06月04日

    M&Aの売却価格はどう決まる?~相場の有無と売却価格の算出方法を解説~

    M&A取引において、売却価格はどう決まるのでしょうか?また、売却価格に相場はあるのでしょうか。 本記事では、M&A取引の売却価格決定の秘密に

  • M&A
  • 相場
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年06月05日

    M&Aはどこに相談するのが良い?相談先の選び方や、選ぶときの3つの注意点を徹底解説!

    M&Aを検討しているが、どこに相談すればいいかわからない…。そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。M&Aは専門的な知識と経験が必要で、適切

  • M&A
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年06月04日

    【2024年版】M&A・事業承継のおすすめマッチングサイト20選を徹底比較!

    最近は会社や経営者に限らず、個人によるM&Aも広まってきています。 それに比例する形で近年急激に増加しているのが事業承継・M&Aマッチングサ

  • M&A
  • M&Aマッチングサービス
  • M&A方法
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • 新着買収案件の情報を受けとる

    M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。