M&Aの基本を簡単にわかりやすく徹底解説~合併・買収のプロセスとメリット・デメリットまとめ~

2024年06月04日

この記事では、M&Aの基本概念やプロセス、そしてそのメリット・デメリットを簡潔かつわかりやすく解説します。

M&A(Mergers and Acquisitions)は、ビジネス戦略の一つとして、多くの企業が取り組んでいる重要なプロセスです。
しかし、その具体的な意味や、どのようなメリット・デメリットがあるのか、理解しきれていない方も多いでしょう。

M&Aの世界をより深く理解することで、あなたのビジネス戦略に役立てることができるでしょう。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており様々な出会いのお手伝いをしています。充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので安心してご利用いただけます。

会員登録

目次

M&Aの概念と種類: 合併と買収の違いを理解する

M&Aは、「Merger & Acquisition」の略語で、企業の合併や買収を指します。
M&Aは、市場競争の激化や企業の成長戦略において、重要な手段となっています。
M&Aには、合併と買収の2つの形態があります。

合併の定義と特徴: 企業同士が一つになるプロセス

合併とは、2つ以上の企業が合併契約を締結し、新たな1つの企業を設立することで、合併前の企業が消滅し、新たな企業が誕生するプロセスです。
合併する企業同士は、同じ業界で競合関係にあることが多いです。
合併の特徴としては、合併前の企業が同等の地位を持ち、経営者や株主なども同じ立場で、合併後も同様に関係が維持されることが挙げられます。

買収の定義と特徴: 企業が他社の株式や資産を取得する行為

買収とは、ある企業が他の企業の株式や資産を取得することで、買収対象企業は存続する形で、買収企業が支配する形態をとります。
買収は、業界の成長戦略や企業の業績向上を目的とすることが多く、買収される企業は買収企業によって支配されることになります。
買収の特徴としては、買収対象企業は買収企業に従属する形態をとることが挙げられます。

M&Aのより詳しい手法について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

M&Aの8つの手法・パターンを徹底解説~株式交...

M&Aにはさまざまな手法があり、それぞれに特徴とメリット・デメリットがあります。 近年M&Aは急速に一般化しています。 後継者不足による事業承継の必要性が叫ばれたり、大企業によるベンチャー企業の買収ニ…

かんたん1分

主なM&Aの形態: 水平型、垂直型、多角化型の違い

M&Aには、

  • 水平型
  • 垂直型
  • 多角化型

の3つの形態があります。

水平型は、同じ業界で競合する企業同士が合併・買収することで、市場シェアの拡大や競争力の向上を目指します。
垂直型は、相補的な事業を持つ企業同士が合併・買収することで、製品やサービスの補完性を高め、収益拡大を目指します。
一方、多角化型は、異なる業種や事業分野の企業同士が合併・買収することで、収益源の多様化やリスク分散を図ります。

水平型M&Aは、同じ業界で競合する企業同士が合併・買収することで、市場シェアの拡大や競争力の向上を目指します。
水平型M&Aは、自社製品やサービスのラインナップを増やすことができ、市場における競合相手との差別化が図れるため、企業の競争力向上につながります。

垂直型M&Aは、相補的な事業を持つ企業同士が合併・買収することで、製品やサービスの補完性を高め、収益拡大を目指します。
垂直型M&Aは、自社の製品やサービスに関連するビジネスの拡大や、新たなマーケットの開拓に有効です。

多角化型M&Aは、異なる業種や事業分野の企業同士が合併・買収することで、収益源の多様化やリスク分散を図ります。
多角化型M&Aは、企業のリスク分散を促進し、収益の安定化につながることが期待されます。
ただし、異なる業種や事業分野の企業同士が合併する場合は、文化や経営方針の違いなどが課題となる場合があります。

以上のように、M&Aには、合併と買収の2つの形態と、水平型、垂直型、多角化型の3つの形態があります。
企業は、自社のビジネス戦略や成長戦略に応じて、最適な形態を選択することが重要です。

合併・買収のプロセス: M&Aのステップバイステップガイド

M&Aを実行するためには、合併・買収のプロセスを適切に実施する必要があります。
M&Aのプロセスは、

  • 事前準備
  • デューデリジェンス
  • 契約締結
  • 統合後のマネジメント

の4つのステップからなります。

事前準備: M&Aの目的設定と適切なパートナーの選定

M&Aのプロセスの最初のステップは、M&Aの目的設定と適切なパートナーの選定です。
M&Aの目的は、業界シェアの拡大、新たな市場の開拓、技術・知財の取得など多岐に渡ります。
M&Aの目的を明確にし、必要なパートナーを選定することが重要です。
適切なパートナーを選定するためには、財務状況や業績などの情報を収集し、事業戦略や文化なども考慮する必要があります。

デューデリジェンス: 情報開示とリスク分析

M&Aの次のステップは、デューデリジェンスです。
デューデリジェンスは、買収対象企業の財務状況、法務、人事、ITなど、様々な側面から情報を収集し、リスク分析を行うプロセスです。
デューデリジェンスには、買収対象企業からの情報提供と、第三者による情報収集があります。
デューデリジェンスによって、買収対象企業の実際の価値を把握し、買収後のリスクを最小限に抑えることができます。

契約締結: 合意形成と法的手続き

M&Aの次のステップは、契約締結です。
契約締結では、買収条件や支払い方法などの詳細を決定し、契約書を作成します。
契約書には、買収対象企業の株式譲渡契約や資産譲渡契約などが含まれます。
契約締結には、法的手続きが必要であり、弁護士や会計士などの専門家の助言を受けることが重要です。
また、契約締結後には、買収承認や規制に従い、合意内容が正式に承認されます。

統合後のマネジメント: 企業文化の融合と効果測定

M&Aが完了した後は、統合後のマネジメントが重要なステップとなります。
統合後のマネジメントでは、買収対象企業の事業を統合し、シナジー効果を最大化することが目的です。
また、企業文化の融合や人材の再配置なども重要な課題となります。
統合後のマネジメントでは、買収後の効果を定量的に測定し、改善策を打ち出すことが重要です。

以上のように、M&Aのプロセスは、事前準備、デューデリジェンス、契約締結、統合後のマネジメントの4つのステップからなります。
M&Aを実行するためには、各ステップを丁寧に実施することが重要です。
また、M&Aのプロセスは、専門家の助言を受けながら進めることが大切です。

M&Aの手順についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

M&Aとは?目的や手法・メリットなど基本を簡...

M&A(エムアンドエー)とは、”Mergers and Acquisitions”の頭文字を取った略語です。 日本語に直すと合併と買収です。 M&Aに関心を持ちながら、その目的や手法、メリットについて…

M&Aスキームを徹底解説:各種手法をわかりや...

M&Aについてネットで調べたり専門家に相談したりすると、「スキーム」という言葉を目にしたり聞いたりすることがあります。 パッと聞いてもよく意味がわかりづらい、この「スキーム」という言葉を適切に理解しておくことは…

かんたん1分

メリット: 企業がM&Aを行う主な理由と目的

企業がM&Aを行う主な理由は、

  • 市場シェアの拡大
  • 事業の多角化
  • コスト削減とシナジー効果
  • 技術や知財の取得

などがあります。
M&Aを通じて、企業は自社の成長戦略を遂行し、企業価値を向上させることができます。

市場シェアの拡大: 競争力強化と市場支配力の向上

M&Aを通じて、企業は市場シェアを拡大することができます。
市場シェアが拡大することで、企業の競争力が強化され、市場支配力が向上します。
また、市場シェアの拡大は、生産規模の拡大や製品・サービスのラインナップの充実などにつながり、収益性の向上につながる場合があります。

事業の多角化: 収益源の拡大とリスク分散

M&Aを通じて、企業は事業の多角化を図ることができます。
事業の多角化により、収益源を拡大することができます。
また、事業のリスクを分散することができ、単一事業に依存するリスクを軽減することができます。

コスト削減とシナジー効果: 効率化による利益向上

M&Aを通じて、企業はコスト削減とシナジー効果を実現することができます。
買収先企業との事業統合により、重複する機能や事業を削減することができ、コスト削減を実現できます。
また、事業統合により、シナジー効果を生み出すことができ、効率化による利益向上が期待できます。

技術や知財の取得: イノベーション促進と新市場への参入

M&Aを通じて、企業は技術や知財を取得することができます。
買収先企業の技術や知財を取得することで、自社の製品・サービスの開発や改善を促進することができます。
また、M&Aにより新市場への参入が可能となります。
買収先企業が保有する技術や知財を活用することで、新たな製品やサービスの開発が可能になり、新しい市場に参入することができます。
また、買収先企業が保有するネットワークや人的資源を活用することで、新しいビジネスチャンスを発掘することもできます。

M&Aを通じて得られるメリットは多岐にわたりますが、同時にリスクも存在します。
次のセクションでは、M&Aにおけるリスクと注意点について詳しく説明します。

かんたん1分

デメリット: M&Aにおけるリスクと注意点

M&Aは多くのメリットがある一方で、多くのリスクも伴います。
その中でも代表的なデメリットを以下に説明します。

高額な費用: M&Aに伴うコストと負担

M&Aには多大な費用が必要となります。
買収対象企業の評価、法的手続き、コンサルタントや弁護士、そして従業員の再配置など、さまざまな費用がかかります。
また、M&Aに失敗した場合、失敗コストがかかる可能性もあります。

経営リソースの分散: 焦点喪失と生産性低下のリスク

M&Aによって、企業の経営リソースが分散することがあります。
買収先企業との統合が上手くいかない場合、経営陣が買収先企業との問題に集中し、自社のコアビジネスに時間を割くことができなくなる可能性があります。

企業文化の融合問題: 従業員のモラル低下とターンオーバー増加

M&Aによって、従業員のモラルが低下し、ターンオーバー率が増加することがあります。
買収先企業との文化の違いがある場合、従業員のストレスや不安が生じ、統合後の生産性低下や業績悪化の原因になることがあります。

法規制と競争法: 独占禁止法による制約と合併審査

M&Aには法的な制約があります。
特に独占禁止法に関する規制は厳しく、法に抵触する可能性がある場合には、十分な審査を受ける必要があります。
さらに、買収後に市場支配力が高まりすぎると、市場への影響が懸念され、対策が求められることもあります。

以上のように、M&Aには多くのリスクが存在します。
M&Aを実行する前に、そのリスクを事前に把握し、リスクマネジメントの計画を立てることが重要です。

今後のM&Aの展望: 業界動向と新たなチャンス

M&A市場は常に変化しており、今後もさまざまなトレンドが見込まれています。
その中でも、特に注目されるのが以下の5つのトピックです。

デジタルトランスフォーメーションによるM&Aの推進

デジタルトランスフォーメーションによるM&Aの推進が今後ますます加速すると予想されています。
デジタル技術を持ったスタートアップ企業の買収が増加する一方で、従来の企業もデジタル化を推進するためにM&Aを行うことが増えています。
また、人工知能やブロックチェーン技術などの新たなテクノロジーに関するM&Aも増えており、技術革新を目的としたM&Aが今後ますます注目されるでしょう。

サステナビリティを重視したエコ・M&Aの台頭

近年、企業のサステナビリティへの取り組みが進む中で、エコ・M&Aが注目を集めています。
具体的には、環境に配慮した商品やサービスを提供する企業や、環境に配慮した取り組みを行っている企業を買収することで、企業の社会的責任を果たすことが期待されています。

新興国市場の拡大とグローバルなM&A戦略

新興国市場の拡大に伴い、グローバルなM&A戦略が注目されています。
アジアやアフリカなど、新興国市場に進出するために、その地域の企業を買収することでビジネスの拡大を図る企業が増えています。
また、グローバルなM&Aによって、企業の地理的・産業的な多様化が進むことで、リスク分散ができるというメリットもあります。

スタートアップとの協業によるイノベーション創出

スタートアップとの協業によるイノベーション創出も今後ますます増えていくと予想されています。
スタートアップは、新しい技術やビジネスモデルを持っており、大企業との協業によって、より大きな市場に参入することができます。

このようなスタートアップとの協業によって、M&Aはイノベーションの創出にもつながります。
スタートアップとの協業を通じて、大企業は自社の事業を拡大するとともに、新しい技術やビジネスモデルを取り込むことができます。
一方、スタートアップは、大企業の規模やリソースを活用することで、自社の事業を拡大し、成長を加速させることができます。

最新のM&A業界の動向について知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

【2024年最新版】M&A業界の今後の動向と展望...

日本では後継者不在による黒字廃業が社会問題のひとつになっていることを背景にM&A業界の今後に注目が集まっています。 2025年までに70歳を超える中小・零細企業の経営者は約245万人と予想され、うち半数以上の約…

M&Aの基本を簡単にわかりやすく徹底解説: 合併・買収のプロセスとメリット・デメリットまとめ

本記事では、M&Aの基本概念、プロセス、メリット・デメリットについて解説しました。
M&Aは企業の成長戦略や市場競争力向上に寄与する一方、経営リソースや文化の融合が難しい場合もあります。
この知識を活かして、自社の状況に合ったM&A戦略を練ることが重要です。
今後のビジネス展開にM&Aを活用する際には、本記事が参考になることを願っています。

またM&Aナビは、売り手・買い手ともにM&Aにかかる手数料などを完全無料でご利用いただけます。買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いのも特徴です。ぜひご活用ください。

かんたん1分

関連記事

M&A・事業承継の基礎知識
2024年06月04日

【2024年版】M&A・事業承継のおすすめマッチングサイト20選を徹底比較!

最近は会社や経営者に限らず、個人によるM&Aも広まってきています。 それに比例する形で近年急激に増加しているのが事業承継・M&Aマッチングサ

  • M&A
  • M&Aマッチングサービス
  • M&A方法
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • M&Aの市場・業界動向
    2024年06月04日

    【2024年最新版】M&A業界の今後の動向と展望!業界に将来性はあるのか

    日本では後継者不在による黒字廃業が社会問題のひとつになっていることを背景にM&A業界の今後に注目が集まっています。 2025年までに70歳を超える中小

  • IT業界
  • M&A
  • M&Aの動向
  • 不動産業界
  • 医療・介護
  • 建設業界
  • 製造業
  • 調剤薬局
  • 運送・物流
  • M&Aの市場・業界動向
    2024年06月15日

    M&A仲介会社の選び方や費用、注意すべき3つのポイントを徹底解説!

    以前と比較してM&Aが選択しやすい事業環境になるにあたり、M&A仲介会社の選び方がポイントとなっています。 M&Aは以前に比べると

    M&A・事業承継の基礎知識
    2024年06月05日

    M&Aはどこに相談するのが良い?相談先の選び方や、選ぶときの3つの注意点を徹底解説!

    M&Aを検討しているが、どこに相談すればいいかわからない…。そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。M&Aは専門的な知識と経験が必要で、適切

  • M&A
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • 新着買収案件の情報を受けとる

    M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。