M&Aの成功につながる5つのポイントを解説!重要性や事例を用いてご紹介

2024年07月18日

M&Aナビについて知りたい!

企業買収や合併は、業界内での地位を強化し、市場拡大や新規事業の展開など様々なメリットがありますが、一方でM&A後の企業文化の違いや組織の整合性の問題、人材の流出などの課題も生じます。
こうした課題を解決するためには、M&A後のインテグレーションが不可欠です。

本記事では、M&A後のインテグレーションの重要性と解決策について、ヒューマンファクター、マネジメントの統合、ブランド統合の3つの観点から詳しく解説していきます。
成功につながるM&A戦略のポイントを押さえ、事例を交えながらご紹介します。

この記事を読むことで、M&Aプロセスを理解し、成功に導くための具体的な戦略を身につけることができます。
これにより、M&Aの成果を最大限に引き出し、企業の成長を加速させることができるでしょう。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており様々な出会いのお手伝いをしています。充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので安心してご利用いただけます。

会員登録

目次

企業買収と合併の違いについて

買収と合併の定義と違い – M&A戦略の基礎知識

企業買収と合併は、どちらも企業間の合併や買収を意味しますが、その方法や目的が異なります。
買収は、株式や資産を取得して対象企業を自社の子会社にすることを目的としています。
一方、合併は、2つ以上の企業が合併して新たな企業を設立することを目的としています。M&A戦略を導入する際には、買収と合併の違いを理解することが重要です。

その他のM&Aに関する基礎知識は以下の記事を参考にしてみてください。

M&Aの流れを徹底解説~会社を売却するための...

会社を売却する際、どのような流れで進めればいいのか不安に感じている方も多いでしょう。M&Aの手続きは複雑で、初めての方にはハードルが高く感じられるものです。 この記事では、会社売却の流れを準備段階、交渉段階、最…

M&Aとは?目的や手法・メリットなど基本を簡...

M&A(エムアンドエー)とは、”Mergers and Acquisitions”の頭文字を取った略語であり日本語に直すと合併と買収です。 本記事では、M&Aの基本概念から具体的な手法、メリットやデメ…

M&A戦略の目的と役割 – マーケティング戦略の一環

M&A戦略の目的は、企業の成長戦略を実現することです。
具体的には、市場シェアの拡大や業務効率化、事業領域の拡大などが挙げられます。

M&A戦略は、企業のマーケティング戦略の一環として位置づけられ、新たな市場や顧客層を獲得するために重要な役割を担っています。
M&A戦略の成功には、戦略の明確化や適切な実行計画の策定など、様々なポイントが存在します。

かんたん1分

M&A戦略の重要性について

M&A戦略の意義と効果 – 市場シェア拡大や業務効率化の実現

M&A戦略は、企業が市場競争に勝ち抜くために不可欠な戦略の1つです。
買収や合併によって、自社の強みを活かしながら相手企業の補完的な強みを取り入れることで、市場シェアを拡大したり業務効率化を実現したりすることができます。

マーケティング戦略との関係性 – 成功に必要なマーケティング戦略の要素

M&A戦略はマーケティング戦略の一環としても重要な役割を担います。
成功には、買収・合併後の相手企業のブランド価値を維持・向上させるためのマーケティング戦略が必要です。
また、買収・合併後のシナジー効果を最大限に生かすためにも、マーケティング戦略を活用することが求められます。M&A戦略の成功には、マーケティング戦略の要素を含めた包括的な戦略の策定が欠かせません。

M&A戦略の成功に必要な5つのポイントについて

1. 企業価値評価の重要性と方法

企業価値評価は、M&A戦略の基礎となる作業です。
EBITDAやDCFといった評価方法を使って、買収対象企業の適正な価格を算出することが必要です。

会社売却に関する企業価値の考え方に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

会社売却・事業売却の価格に相場はある?M&A...

あなたが「会社を売りたい」と考えたとき、一体いくらで売るのが最適だと思いますか? あなたの会社が5億円の買収予算を持っているとして、どれくらいの規模の会社を買収できると思いますか? M&Aにおいて「会社の価値(…

2. デューデリジェンスの進め方とチェック項目

デューデリジェンスは、買収対象企業の財務や法務、事業内容などを詳しく調査し、リスクマネジメントをすることです。
チェック項目を事前に決めておき、チームで調査を進めることが大切です。

デューデリジェンスについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

M&Aのデューデリジェンス(DD)とは?目的や...

M&Aにおいてデューデリジェンス(DD)がどのような役割を果たすかを理解しないまま戦略を練っている方は多いのではないでしょうか。 M&Aを実施する買手にとっては、買収の対象となる企業がどのような状態に…

3. スタッフのコミュニケーションによる文化の融合

M&A後に生じる文化の違いを乗り越えるために、スタッフ同士のコミュニケーションが重要です。
インタビュー調査や文化マップ作成の手法を用いて、相手企業の文化を理解し、融合に向けた対策を考えましょう。

4. 合併の際に生じる問題への対応方法

M&A後に生じる問題に対処するために、インテグレーション計画書を作成することが必要です。
人事や業務フロー、システムの統合など、問題となる項目を洗い出し、対応策をまとめましょう。

5. 成果を上げるM&Aの実例とは?

M&Aによって、新たな市場や技術を手に入れ、成長を実現した企業は数多くあります。
スマートフォン業界の事例や、M&Aによるシナジー効果の例などを参考にし、成功へのヒントを探ってみましょう。

より詳しくM&Aの手法について知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

M&Aの手法8つを種類やパターン別に解説!~株...

M&Aにはさまざまな手法があり、それぞれに特徴とメリット・デメリットがあります。 近年M&Aは急速に一般化しています。 後継者不足による事業承継の必要性が叫ばれたり、大企業によるベンチャー企業の買収ニ…

かんたん1分

実際の事例から見るM&A戦略の成功例について

M&A戦略の成功には、正しい戦略立案と実行が必要です。ここでは、実際の事例からM&A戦略の成功例を見ていきます。

AmazonによるWhole Foods買収事例 – オムニチャネル戦略の成功例

Amazonは、2017年に米国の高級スーパーマーケットチェーン、Whole Foodsを買収しました。
これにより、Amazonは食品小売業界に参入することで、オムニチャネル戦略を実現しました。

Whole Foodsの店舗は、Amazonの配送センターとしても機能し、Amazonプライム会員向けの割引プログラムや、ネット注文と店頭受取サービスなどが展開されました。
この買収により、Amazonは食品小売市場に進出し、オンラインとオフラインの両方のチャネルで商品を提供することができるようになりました。

GoogleによるYouTube買収事例 – オンライン動画市場の独占化

Googleは、2006年に動画共有サイトのYouTubeを買収しました。
当時、YouTubeは急速に成長していたが、著作権侵害問題などの問題もあり、企業側からは買収に懐疑的な意見もあったとされています。
しかし、Googleはその後、広告事業との連携や技術力の活用により、YouTubeを成長させ、オンライン動画市場の独占化に成功しました。

FacebookによるInstagram買収事例 – スマートフォン市場の拡大戦略

Facebookは、2012年にスマートフォン向け写真共有アプリのInstagramを買収しました。
Instagramは、Facebookのモバイルプラットフォーム戦略の一環として買収されました。
当時、Facebookはモバイルアプリ市場において苦戦しており、Instagramの買収により、スマートフォン市場における影響力を高めることができました。
Instagramは現在、Facebookの傘下で急速に成長し、広告事業にも積極的に参入しています。

かんたん1分

M&A後のインテグレーションの重要性と解決策について

ヒューマンファクターの考慮点 – 人材マネジメントの重要性と成功事例

M&A後の成功には、従業員が適切にマネジメントされ、効果的に統合されることが不可欠です。
従業員の意欲低下や離職率の上昇は、M&A後の失敗の原因の1つとなります。
人材マネジメントは、組織文化の統合、業務プロセスの最適化、スキルや知識の共有、報酬の統一などについて、適切な計画を策定することから始まります。

成功事例として、Microsoft社のLinkedIn買収が挙げられます。
LinkedInのCEOは、M&A後も引き続きCEOとして経営に関与し、従業員の文化や価値観を保持することを明確に示しました。
Microsoftは、LinkedInの価値を最大限に引き出すために、リスペクトと信頼を持って従業員と協力しました。この結果、LinkedInの売上高は、M&A前と比較して急速に成長しました。

マネジメントの統合による合理化 – 組織再編成や役割の再定義の手法

M&A後のインテグレーションにおいて、マネジメントの統合は重要なポイントです。
両社のマネジメントスタイル、意思決定プロセス、報告体制、目標設定方法などを統合することで、合理的かつ効率的な組織運営を実現することができます。

具体的な手法として、組織再編成や役割の再定義が挙げられます。
組織再編成により、両社の業務を統合し、業務プロセスの効率化やコスト削減を実現することができます。
また、役割の再定義により、両社の強みを最大限に生かすことができます。

例えば、2005年に日本郵政が民営化された際、郵便事業、貯金事業、保険事業の3つの分野に分かれていた組織を、1つの企業として再編成しました。
これにより、業務プロセスの統合に成功し、業務効率の向上やコスト削減を実現しました。

マネジメントの統合は、M&A後のインテグレーションにおいて重要な要素の一つです。
組織再編成や役割の再定義を通じて、効率的かつ効果的なビジネス運営を実現することができます。

ブランド統合による利益最大化

M&A後の成功には、両社のブランド価値を最大限に活用し、新たなブランド戦略を策定することが不可欠です。
従業員、顧客、株主に対してブランドの統合を明確に伝えることで、ブランド価値を高め、市場シェアを拡大することができます。

成功事例として、アノンダ社のユニリーバ買収が挙げられます。
アノンダ社は、世界的な石鹸ブランドの所有者であるユニリーバ社を買収しました。
この買収により、アノンダ社は世界市場でのシェアを拡大することができました。アノンダ社は、ユニリーバ社が持つ世界的なブランド価値を最大限に活用し、両社の製品を統合することで、新たな市場を開拓しました。

これらを適切に実施し、成功事例から学ぶことで、M&A後のビジネスをより効果的に運営することができます。

M&A戦略: 成功につながる5つのポイントと事例解説 – 企業買収・合併の戦略立案から成果を出すために必要なこと まとめ

今回の記事では、M&A戦略のポイントに関して解説しました。

M&Aは社会的背景やM&Aマッチングサイトの普及により今後も増加していくでしょう。
是非この記事を参考にして、より良いM&A戦略をたてていただけると幸いです。

またM&Aナビは、売り手・買い手ともにM&Aにかかる手数料などを完全無料でご利用いただけます。買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いのも特徴です。

かんたん1分

資料ダウンロード

関連記事

M&A・事業承継の基礎知識
2024年07月18日

【2024年版】M&A・事業承継のおすすめマッチングサイト20選を徹底比較!

今回はM&A・事業承継マッチングサイトの中から、弊社社員が本気でおすすめできるマッチングサイト20選をご紹介いたします! 「どのマッチングサイトを選べ

  • M&A
  • M&Aマッチングサービス
  • M&A方法
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • M&Aの市場・業界動向
    2024年07月19日

    【2024年最新版】M&A業界の特徴と今後の動向!業界に将来性はあるのか

    日本では後継者不在による黒字廃業が社会問題のひとつになっていることを背景にM&A業界の今後に注目が集まっています。 2025年までに70歳を超える中小

  • IT業界
  • M&A
  • M&Aの動向
  • 不動産業界
  • 医療・介護
  • 建設業界
  • 製造業
  • 調剤薬局
  • 運送・物流
  • M&Aの市場・業界動向
    2024年07月18日

    M&A仲介会社の選び方や費用、注意すべき3つのポイントを徹底解説!

    以前と比較してM&Aが選択しやすい事業環境になるにあたり、M&A仲介会社の選び方がポイントとなっています。 M&Aは以前に比べると

    M&A・事業承継の基礎知識
    2024年07月18日

    M&Aはどこに相談するのが良い?相談先の選び方や、選ぶときの3つの注意点を徹底解説!

    M&Aを検討しているが、どこに相談すればいいかわからない…。そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。M&Aは専門的な知識と経験が必要で、適切

  • M&A
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • 新着買収案件の情報を受けとる

    M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。