【2024年最新版】カフェ・喫茶店のM&Aの市場動向、成功事例や売買戦略を徹底解説

2024年06月18日

カフェ M&A

2024年、カフェ・喫茶店業界のM&A市場は新たな活況を迎えています。
ポストコロナの経済回復期に入り、業界は成長と変革の波に乗り出しています。
この記事では、市場の最新動向、価格相場の変動、M&Aのメリットとデメリット、成功への鍵となるポイント、そして注目すべき成功事例を詳細に解説します。
M&Aを戦略的に活用し、ブランドの拡大、コスト削減、顧客ニーズへの迅速な対応を実現する方法を探ります。

この記事を読み終えることで、カフェや喫茶店のM&Aに関する全体像を把握し、自信を持って次のステップに進むことができるでしょう。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており、様々な出会いのお手伝いをしています。
充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので安心してご利用いただけます。

会員登録

目次

カフェ・喫茶店とは?

カフェとは、主にコーヒーや紅茶、軽食などを提供する飲食店のことを指します。
飲食店として運営されますが、その目的は飲食だけにとどまらず、読書・勉強・仕事から談笑の場として利用されます。
近年では、その価値が再注目されており、第三の居場所としての役割があります。

カフェ・喫茶店の市場規模

日本における喫茶店業界の市場規模は、1兆円を超えています。
コロナ禍による影響はありましたが、平時では1~1.2兆円でほぼ横ばいの状況が続いています。

店舗数に関しても横ばいの状況が続いているとされています。
カフェ業態は、新規の参入がしやすい業態であるものの、撤退を余儀なくされる事業者も多い状況だといえるでしょう。

参考:
収益力の向上に向けた取組みのヒント:喫茶店営業編
データから見る外食産業

カフェ・喫茶店の課題

今後、カフェ・喫茶店を運営するにあたっては、以下のような課題があります。

  • 大手カフェチェーンの出店攻勢
  • コンビニ・自動販売機といった他業態との競争
  • 原材料高への対応

それぞれについて見ていきましょう

大手カフェチェーンの出店攻勢

中小の事業者にとって、大手カフェチェーンの出店攻勢が大きな課題となっています。

大手カフェチェーンは、全国規模で多数の店舗を構えており、常に新規出店を行っています。
豊富な資金力をもとに、良い立地条件での店舗拡大を進めており、他のカフェ店には大きな痛手となるでしょう。
更に、大手カフェチェーンの場合は、従業員の待遇が良いことも多く、人材の流出が懸念されています。

中小のカフェ店は、自身の強みを活かしたサービス設計や立地・価格以外の付加価値で競争力をつけていく必要があります。

コンビニ・自動販売機といった他業態との競争

コンビニや自動販売機など他の業態との競争も、カフェ経営における大きな課題の一つです。

24時間利用できるコンビニや自動販売機が低価格で高品質なコーヒーの提供に注力しています。
いつでもどこでも手軽に利用できる利便性があり、カフェでは提供しづらい強みを確保しています。

一方で、コンビニや自動販売機は、移動中や中食の利用に特化しています。
カフェ側は、居場所の提供や飲食サービスの向上により、他業態では出せない独自の価値を打ち出していく必要があります。

原材料高への対応

原材料高への対応もカフェを経営する上での大きな課題の一つです。
特に直近では円安が進行しており、コーヒー豆や紅茶を輸入する必要があるカフェ業態への影響は大きくなっています。

原材料費の上昇した分を販売価格に転嫁する必要があります。
しかしながら、中小カフェ店は商品の価格競争力を保つ必要があり転嫁に限界があるといえるでしょう。

カフェ・喫茶店のM&A市場の最新動向

カフェ M&A

2024年はカフェ・喫茶店業界におけるM&A市場が一層の活況を見せています。
経済の回復と共に、カフェ業界は新たな成長段階に入り、M&Aはその重要な駆動力となっています。
この章では、最新の市場動向とその背後にある要因を掘り下げていきます。

2024年におけるカフェ業界の成長とM&A活動の加速

2024年、カフェ業界はポストコロナの影響を乗り越え、顕著な成長を遂げています。
この成長は、新しいカフェの開業増加や、既存のカフェチェーンの拡大計画など、さまざまな形で現れています。
また、業界の活性化に伴い、M&A活動も加速しており、競争力を高めるための戦略的な動きが活発に行われています。

新興カフェチェーンと伝統的喫茶店のM&A戦略

新興カフェチェーンは、市場に新鮮な風を吹き込みつつ、伝統的喫茶店はその独自性と長年の顧客基盤を生かし、両者ともにM&Aを重要な戦略として位置づけています。
新興チェーンは積極的に他店舗を買収し、迅速な拡大を図る一方で、伝統的喫茶店はブランド価値の向上や業務効率化を目指しています。

コロナ後の回復とデジタル化が促すM&Aの新機軸

コロナウイルス感染症の流行は、カフェ業界におけるデジタル化の波を加速させました。
オンライン注文システムの導入や、非接触サービスの拡充など、新たな顧客ニーズに応えるための技術的進歩が目覚ましいものがあります。
このデジタルシフトは、M&A市場においても新たな機軸を生み出しており、テクノロジーを活用したサービス提供や、デジタル化が進む業界への投資が増加しています。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

カフェ・喫茶店のM&Aの価格相場

カフェ M&A

カフェ業界におけるM&Aの価格相場を理解することは、売買戦略を立てる上で極めて重要です。
業界の特性、市場の動向、そして個々のビジネスの状況に応じて、価格相場は大きく変動する可能性があります。

居抜き販売とM&A取引の価格差

居抜き販売とは、設備や内装が整った状態で物件を売却することを指し、M&A取引とは異なり、事業そのものではなく「場所」を売買する形態です。
居抜き販売は比較的低コストで事業を始めることができるため、新規参入者にとって魅力的です。

一方、M&A取引では、ブランド価値、顧客基盤、従業員なども含めた事業全体を売買します。
このため、M&Aの方が居抜き販売に比べて価格が高くなりやすい傾向にあります。価格差は、これらの資産の価値に基づいて決定されます。

売上高と利益率に基づく価格相場の理解

カフェや喫茶店のM&Aにおける価格相場を理解する際、売上高と利益率は重要な指標となります。
売上高が高く、安定した利益を上げている事業ほど価値が高く評価されます。
また、利益率が高い事業は、効率的な運営が行われている証拠であり、将来性も期待されるため、M&Aにおける評価額が上がります。
投資家や買収を検討している企業は、これらの財務指標を詳細に分析し、適正な買収価格を導き出します。

地域別価格相場の違いとその要因

カフェ・喫茶店のM&Aの価格相場は、地域によっても大きく異なります。
一般的に、人口密度が高く、商業活動が活発な都市部では価格相場が高くなる傾向にあります。
これは、高い顧客流入率と売上の見込みに基づくものです。

一方、地方や人口密度が低い地域では、価格相場が比較的低めに設定されることが多いです。
地域による経済状況、顧客の購買力、競合の状況などが価格相場に影響を与える主な要因です。
地域特性を理解し、適切な価格設定を行うことが、成功への鍵となります。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

カフェ・喫茶店におけるM&Aのメリット3選

カフェ M&A

カフェや喫茶店の経営者がM&Aを検討する際、そのメリットは経営戦略上重要な要素となります。
M&Aは、事業の拡大や競争力の強化、効率的な資源の活用など、多方面にわたる利点をもたらします。
ここでは、カフェ・喫茶店業界におけるM&Aの主なメリットを3点に絞って解説します。

ブランドと市場の即時拡大

M&Aを通じて他のカフェや喫茶店を買収することで、即座にブランド価値を高め、市場のシェアを拡大することが可能です。
既存の顧客基盤に加え、新たに獲得した店舗の顧客も取り込むことができ、ビジネスの規模拡大が速やかに実現します。
また、ブランドの認知度向上により、新規顧客の獲得も期待できます。

コスト削減

複数のカフェや喫茶店を運営することで、仕入れや人材管理、広告宣伝などの面でスケールメリットを享受できます。
集中管理による運営効率の向上やコスト削減は、M&Aの大きなメリットの一つです。
これにより、利益率の改善が見込めると共に、経営の安定化にも寄与します。

顧客ニーズへの迅速対応

市場のニーズは日々変化しており、特にカフェ・喫茶店業界では、顧客の嗜好の多様化が顕著です。
M&Aにより事業領域を拡大することで、異なるコンセプトのカフェや喫茶店を取り入れ、幅広い顧客層に対応することが可能となります。
これは、事業の柔軟性を高め、市場の変化に迅速に適応する上で有効な戦略です。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

カフェ・喫茶店におけるM&Aのデメリット3選

カフェ M&A

文化的衝突による従業員の不安定化

カフェや喫茶店のM&Aでは、企業文化の違いが大きな問題となることがあります。
特に、異なる経営哲学や働き方を持つ組織が統合されると、従業員間での価値観の衝突が発生しやすくなります。
このような文化的衝突は、従業員の不安定化を引き起こし、結果として職場の士気や生産性が低下する可能性があります。

また、従業員の流出率が高まり、熟練したスタッフを失うリスクも伴います。

ブランドイメージの摩擦

異なるブランド間のM&Aは、ブランドイメージの摩擦を引き起こすことがあります。

顧客がそれぞれのブランドに対して持っていた期待や認識の違いが、統合後の顧客満足度の低下に繋がる可能性があります。
特に、ブランドのコンセプトが強く異なるカフェや喫茶店が統合された場合、一貫性の欠如が顧客離れを招く恐れがあります。
顧客基盤の混乱は、売上の減少やブランド価値の損失をもたらす可能性が高いです。

統合後の運営コストや隠れた負債などの金銭面のリスク

M&A後の統合プロセスには、予期しない運営コストや隠れた負債が伴うことがあります。
財務デューデリジェンスの過程で発見されなかった負債や、統合によって露呈する法的な問題が、後になって経営に大きな負担を与えることがあります。

さらに、システム統合や従業員トレーニング、ブランド再構築にかかる追加費用は、M&Aの初期投資コストを大幅に超えることがあるため、事業の財務健全性に悪影響を及ぼすことがあります。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

カフェ・喫茶店のM&A成功への3つのポイント

カフェ M&A

カフェや喫茶店のM&Aは、ただ単に事業を拡大するだけでなく、戦略的に市場のポジションを確立し、ブランド価値を向上させる大きなチャンスを提供します。
しかし、その成功は計画の質、事前の準備、そして実行の精度に大きく依存します。
ここでは、カフェ・喫茶店のM&Aを成功に導くための3つの重要なポイントを詳細に解説します。

事前の徹底したデューデリジェンス

デューデリジェンスは、M&Aプロセスの中でも特に重要なステップの一つです。
これは、対象となる事業の財務状態、法的問題、運営状況など、あらゆる側面を詳細に調査する過程を指します。
カフェや喫茶店の場合、特に重要なのはロケーション、顧客基盤、ブランドの価値です。
徹底的なデューデリジェンスを行うことで、隠れた負債や潜在的なリスクを事前に特定し、適切な価格評価を行うことが可能になります。

統合計画の明確化と段階的実施

M&A後のスムーズな統合は、成功のために不可欠です。
統合計画を明確にし、それを段階的に実施することで、従業員の不安を和らげ、ブランド価値を維持しながら効率的に事業を統合することができます。
このプロセスには、文化的統合、システムおよびプロセスの統合、そして顧客へのコミュニケーション戦略が含まれます。
特に、カフェや喫茶店のような顧客サービスが重要な業界では、顧客体験を損なわないよう、細心の注意を払う必要があります。

内外のコミュニケーション戦略の強化

成功するM&Aには、効果的なコミュニケーション戦略が必要不可欠です。
内部では、従業員に対して明確かつ一貫したメッセージを伝えることで、不安を和らげ、モチベーションを維持することが重要です。
外部に対しては、顧客やパートナーに対し、M&Aの目的とメリットを効果的に伝えることで、信頼を維持し、ブランドの価値を高めることができます。
特に、カフェや喫茶店の業界では、地域社会との関係が事業成功の鍵を握るため、これらのステークホルダーとの積極的なコミュニケーションが不可欠です。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

カフェ・喫茶店のM&Aの成功事例

カフェ M&A

C-Unitedによるポッカクリエイトの買収

ロングリーチグループの一員であるC-Unitedは、2022年2月にポッカクリエイトの全株式を取得しました。
この買収により、C-Unitedは「珈琲館」や「ヴェローチェ」を含む600店舗を超えるカフェチェーンを運営することとなります。
独立系投資ファンドであるロングリーチグループがこの買収を主導し、過去には珈琲館やヴェローチェも買収しており、今回のM&Aを通じてグループ全体のシナジーをさらに高めることを目指しています。

アント・キャピタル・パートナーズのイノダコーヒ買収

アント・キャピタル・パートナーズは、2022年9月に、京都市内で9店舗の喫茶店を展開する歴史あるイノダコーヒの創業家から全株式を買収しました。
創業家内で後継者が不在であったため、このM&Aが実現し、アント・キャピタル・パートナーズはイノダコーヒの将来的な成長を支援することになります。

サンマルクHDによるLa Madragueの買収

2022年12月、サンマルクホールディングスは、京都を拠点に4店舗を構える「喫茶マドラグ」を運営するLa Madragueを買収し、グループの一員に加えました。
この買収により、サンマルクHDは「ベーカリーレストランサンマルク」及び「サンマルクカフェ」での経験を生かし、外食ビジネスのさらなる拡張を図ります。

パン・ベーカリーのM&Aについては、以下の記事で解説していますので気になった方は是非ご確認ください。

パン屋のM&Aを解説!市場動向や成功事例を徹...

この記事では、パン屋のM&Aについて解説します。 地域密着型の店舗や複数店舗運営する事業者など、様々な業態があるパン屋について、M&Aの動向や成功事例、売買の戦略を解説していきます。 特に、パン屋を運…

M&Aナビに掲載中のカフェのM&A案件

弊社が運営するM&Aナビには、カフェ関連の事業者様から売却や買収のご相談をいただくことが増えてきました。
そこでM&Aナビに掲載いただいているカフェのM&A案件をまとめた特集ページを用意いたしました。

カフェのM&Aにご興味がある方はぜひのぞいてみてください。

>>カフェのM&A案件特集を見る

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

カフェ・喫茶店のM&Aにおける3つの注意点

カフェ M&A

カフェや喫茶店のM&Aは、事業拡大や競争力向上の大きなチャンスを提供しますが、成功には細心の注意が必要です。
ここでは、M&Aプロセスで特に注意すべき3つのポイントについて解説します。

文化統合の難しさ

カフェや喫茶店のM&Aでは、異なる企業文化の融合が大きな課題となります。
文化的適合性を正確に評価することは、事業統合の成功に不可欠です。従業員のモチベーション維持、顧客基盤の維持、そしてブランド価値の保護において、文化的な調和は極めて重要です。
異なる運営スタイルや企業哲学が衝突することなく、スムーズな統合を実現するためには、早い段階で従業員へのコミュニケーションを開始し、両社の文化を尊重した上で共通の価値観を築く努力が必要です。

財務事情の確認

対象となるカフェや喫茶店の財務健全性を徹底的に確認することは、予期せぬ損失を避けるために重要です。
デューデリジェンスの過程では、負債だけでなく、将来にわたって発生しうる財務上のリスクも検討する必要があります。

特に、隠れた負債や訴訟リスク、税務問題などは、後日大きな問題に発展する可能性があるため、専門家と協力して慎重に調査を進めるべきです。
財務状況の透明性を確保し、リスクを適切に評価することが、M&Aの成功を左右します。

顧客の維持

カフェや喫茶店のM&Aを行う際は、長期的なブランド戦略を念頭に置くことが重要です。
買収や合併によって得られる新しいブランドが、既存の顧客基盤や市場でのポジションにどのように影響を与えるかを慎重に評価する必要があります。

顧客の維持は、M&A後のスムーズな移行期間だけでなく、長期的な成功のためにも不可欠です。
顧客が大切にしているブランドの価値を理解し、それを守りながら、さらに価値を高めるような戦略を立てることが求められます。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

カフェ・喫茶店のM&A案件を探す!

M&Aナビでは、1,000件を超えるM&A案件を掲載しています。
調べたところカフェ・喫茶店の案件が35件掲載されていました。(2024/6/18時点)

人気エリアや海外のカフェまで多数掲載されており、カフェ運営をしたい!という方にピッタリの案件が揃っているので是非一度ご確認ください!

【カフェ・喫茶店 M&A】 まとめ

カフェ M&A

カフェ・喫茶店業界におけるM&Aは、戦略的な成長と事業拡大のための強力なツールです。しかし、成功は事前の準備、適切な戦略立案、そして実行の精度に大きく依存します。文化的統合、財務的健全性の確認、そして顧客基盤の維持は、M&Aプロセスにおいて特に注意すべきポイントです。今後も、業界の動向を注視しながら、これらの要素をバランス良く管理することが、カフェ・喫茶店のM&A成功の鍵となるでしょう。

M&Aナビは、買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いことが特徴です。ぜひご活用ください。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

関連記事

新着買収案件の情報を受けとる

M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。