小規模M&Aの成功の秘訣は?案件の探し方や流れ、成功事例を徹底解説

2024年03月13日

shokibo-ma

>>売却案件の一覧を見る

この記事では、最近注目されている小規模M&Aについて解説します。
小規模M&Aとは何かについての解説から具体的な進め方、事例について解説をしていきますので、小規模な事業の売却・買収に興味を持つ人は必見です。

小規模M&Aとは?

小規模 M&A

小規模M&Aに関する理解を深めるために、まずは「小規模M&A」という用語の定義とその特徴について考えてみましょう。

小規模M&Aの定義

小規模会社または小規模事業のM&Aのことです。

一般的に年間売上1億円未満の対象会社・事業のM&Aと定義されていますが明確な定義は定められていません。

小規模M&Aは対象会社の規模が小さいことから、最終的な取引金額も少額になることが多いです。

小規模M&Aの特徴

小規模 M&A

小規模M&Aは、その性質から以下の特徴を持っています。

企業規模の相対的な小ささ

小規模M&Aは、大手企業や巨大な取引に比べて、参加する企業の規模が相対的に小さい場合によく使用されます。これは、中小企業やスタートアップ企業にとって特に一般的です。

限定された売買金額

小規模M&Aの取引規模は通常、数百万ドルから数千万ドル程度であり、大規模な取引と比較して比較的小さいことが特徴です。

取引規模には幅があり、数百~数千万円程度とされており、中には数円単位での譲渡に至るケースもあります。

スピードと柔軟性

小規模M&Aは、大規模な取引に比べて迅速な決定と実行が可能です。
特に買収側の企業規模が大きくないことによる素早い意思決定が特徴とされます。

企業は市場の変化に対応しやすく、機敏な行動ができます。

専門知識の必要性

小規模M&Aも大規模な取引と同様に、デューディリジェンス、法的な要件、統合計画の策定など、専門知識と経験が必要です。

小規模M&Aは、企業の成長と競争力向上を支援する重要な手段として位置づけられています。

企業は戦略的な観点から慎重に計画を立て、適切なパートナーを見つけることで、小規模M&Aの機会を最大限に活用できます。

かんたん1分

小規模M&Aの流れ

小規模 M&A

小規模M&Aのプロセスは、通常、大企業のM&Aに比べてスピーディで、個々のニーズに合わせた柔軟性を持っています。

しかし、成功を収めるためには、以下のステップを慎重に実行する必要があります。

市場調査と目標の設定

最初のステップは、自社のビジネス目標と市場の動向を理解することです。
この段階では、自社の長期的な目標を明確にし、その目標を達成するためにどのようなタイプの企業が適しているかを検討します。

市場調査を行い、業界のトレンド、競合他社の動向、潜在的な買収ターゲットの財務状況などを詳細に分析します。

対象企業の選定

市場調査を基に、対象となる企業を選定します。
小規模M&Aでは、ニッチ市場に特化した企業や、特定の技術や顧客基盤を持つ企業がターゲットになることが多いです。

この段階では、潜在的な買収対象が自社の戦略にどのようにマッチしているかを評価します。

交渉と評価

買収対象が定まったあとは、交渉プロセスを開始します。

対象企業との初期接触から始まり、企業価値の評価、取引条件の交渉に移行します。

このフェーズでは、財務面の評価だけでなく、企業文化、経営理念の相違、技術的な適合性など、多角的な視点から評価を行います。

契約と実行

小規模 M&A

交渉が成功し、双方が合意に達したら、契約を結びます。
契約には、買収価格、支払い条件、保証・担保、統合後の運営に関する条件などが含まれます。

この段階では、法的な側面に特に注意を払い、契約書のすべての条項が明確で、両当事者の利益を保護する内容になっていることを確認します。

契約書の署名後は、M&Aの実行フェーズに入ります。
実行フェーズでは、買収のクロージング、資産の移転、従業員の統合などが行われます。

統合と評価

M&Aの完了後、最も重要なのが企業の統合プロセスです。
統合プロセスでは、異なる組織文化、システム、プロセスの調和を図ります。

この段階では、コミュニケーションの強化、組織構造の調整、業務プロセスの統合などが重要です。

また、M&Aの成功を確実にするためには、定期的な評価と調整が必要です。
長期的な視点で、継続的な成長とイノベーションを促進することが重要です。

新たに統合された企業は、市場での新たなポジショニングを図り、革新的なサービスや製品を開発するための基盤となります。

このように、「小規模M&Aの流れ」は、計画から実行、統合までの各ステップを慎重にかつスピーディーに進めることが重要です。

かんたん1分

小規模M&Aにおける5つのメリット

小規模 m&a

小規模M&Aを行うと売り手と買い手双方に多くのメリットがあります。

この章では、売り手と買い手の双方の視点から小規模M&Aのメリットを解説します。

小規模M&Aにおける売り手側の5つのメリット

まずは、売り手側が得ることができる主なメリットを挙げます。

1. 事業承継の機会

中小企業やファミリービジネスでは、後継者不足がしばしば課題となります。
小規模M&Aは、これらの企業にとって、事業を継続させる機会を提供します。

適切な買い手を見つけることで、創業者や家族の遺産を継承し、従業員の雇用を維持することが可能になります。

2. 事業の価値最大化

売り手は、M&Aを通じて自社の事業価値を最大化することができます。

特に、独自の技術や製品、ブランド価値を持つ企業は、M&A市場で高い評価を受ける可能性があります。

これにより、創業者や株主は、長年の努力に対して適正なリターンを得ることができます。

3. 資本の流動性の向上

小規模M&Aは、売り手に資本の流動性を提供します。

企業の売却により、現金や他の資産を手に入れることができ、これを新たな投資や他の事業機会に再投資することが可能になります。

また、個人レベルでは、創業者や株主が個人的な資産として現金化することができます。

4. リスクの軽減

事業を売却することで、売り手は将来の市場リスクや経営リスクから解放されます。

特に経営に不確実性を抱える企業や競争の激しい市場にいる企業にとって、この点は特に重要です。

市場の変動や業界の不安定さから離れることで、長期にわたる不確実性を避け、安定した将来を確保することが可能となります。

5. 創業者利益の獲得

創業者は、売却によって資金と時間の自由を得ることができます。

彼らは、これを利用して新しいビジネスを立ち上げたり、他の投資に目を向けたりすることができます。

また、事業の売却は、創業者にとって新たな創造的な活動や、個人的な興味や情熱を追求する時間を提供することが多いです。

これらのメリットは、小規模M&Aが売り手にとって単なる財務的な取引以上の意味を持つことを示しています。

小規模M&Aは、適切に実施されると、事業の売却を考える経営者や株主にとって、非常に有益な選択肢となるのです。

小規模M&Aにおける買い手側の5つのメリット

小規模 M&A

次に買い手側の主なメリットを詳しく解説します。

1. スピーディーな市場拡大

小規模M&Aは、自社の事業を迅速に拡大し、新しい市場に足を踏み入れる機会を提供します。

特に、新しい技術や製品を持つ小企業やスタートアップを買収することで、大企業が容易に得られない革新的なアイデアや技術を獲得できます。

これにより、市場に新しい製品やサービスを迅速に投入し、成長を促進することが可能です。

2. リスクの削減

小規模M&Aは、新しい事業をゼロから立ち上げるよりも、リスクを大幅に削減することができます。

既存の企業を買収することで、製品開発の初期投資、市場調査、顧客基盤の構築などにかかる時間とコストを省略することが可能です。

また、既存のビジネスモデルや顧客基盤を持つ企業を買収することで、事業リスクを軽減できます。

3. 新しい技術の獲得

小規模M&Aを通じて、特定の技術や専門知識を持つ企業を獲得することができます。

これは、特に技術革新が速い業界において重要です。

新しい技術や専門知識を内部で育成するのには時間がかかるため、M&Aを通じてこれらを迅速に取り入れることができます。

これにより、製品開発のスピードを上げ、競争上の優位性を確保できます。

4.多様化の促進

小規模M&Aを利用することで、企業はビジネスの多様化を図ることができます。

異なる業界や市場に存在する企業を買収することで、事業ポートフォリオを広げ、市場リスクを分散させることが可能です。

例えば、季節性や経済変動の影響を受けやすい事業がある場合、別の安定した収益源を持つ企業を買収することで、全体のビジネスバランスを改善し、リスクを軽減できます。

5.新しい文化の取り込みによる組織の成長

小規模M&Aは、組織の文化やリーダーシップに新たな要素をもたらす機会を提供します。

新しい企業を統合することで、異なる視点やアプローチを取り入れ、組織の成長を促進することができます。

また、新しいリーダーシップの下で、従業員のモチベーションを高め、新たなチームワークを築くことができます。

これは、特に変化の激しい市場環境において、組織の柔軟性と適応能力を高めるのに役立ちます。

以上のメリットは、小特に中小企業やスタートアップにとって、新しい機会を切り開く重要な手段となり得ます。

小規模M&Aは、適切に実施されれば、企業の持続可能な成長と競争力の源泉となるでしょう。

かんたん1分

小規模M&Aを実現させるにはマッチングプラットフォームがおすすめの理由

小規模 M&A

小規模M&Aを実現させるには、マッチングプラットフォームを利用することがおすすめです。

マッチングプラットフォームとは、インターネット上で、事業の譲渡側と譲受側を結びつけるサービスのことです。

マッチングプラットフォームを利用することで、以下のようなメリットがあります。

1.多くの案件を検討できる

マッチングプラットフォームでは、様々な業種や規模、地域の事業案件が登録されています。

そのため、自分の希望や条件に合った案件を探しやすくなります。

また、マッチングプラットフォームでは、小規模M&Aに特化したサービスもあります。

これらのサービスでは、小規模M&Aに適した取引条件や手続きのサポートを受けることができます。

2.匿名でやりとりできる

マッチングプラットフォームでは、個人情報や企業情報を公開せずに、匿名でやりとりできます。

これによって、競合他社や取引先などにM&Aの意思が知られるリスクを回避できます。

また、気軽に問い合わせや交渉をすることができます。

3.費用が安い

マッチングプラットフォームでは、登録料や成約手数料などの費用が安い場合が多いです。
特に、小規模M&Aに特化したサービスでは、低額での取引に対応した費用体系になっています。

そのため、小規模M&Aを行う際に、費用面での負担を軽減できます。
識に基づいた意思決定を行うことができます。

4. 専門的なサポートとアドバイス

小規模 M&A

多くのマッチングプラットフォームは、専門的なサポートやアドバイスを提供します。

これには、M&Aのプロセスに関するアドバイス、法的な支援、財務分析などが含まれます。

このようなサポートは、特にM&A経験が少ない企業にとって非常に価値があり、複雑な取引をスムーズに進める助けとなります。

5.効率的なマッチングプロセス

マッチングプラットフォームは、最新のテクノロジーを駆使して、効率的に適切なマッチングを行います。

アルゴリズムに基づく検索機能を利用することで、企業の要件や条件に応じた最適な相手を迅速に見つけることが可能です。

これにより、時間とリソースの節約につながります。

以上のように、小規模M&Aを実現させるためには、マッチングプラットフォームの利用が非常に有効です。マッチングプラットフォームを利用することにより、企業はM&Aプロセスをよりスムーズに、効率的に進めることが可能になります。

マッチングプラットフォームは、現代のM&A市場において重要な役割を担っており、小規模企業にとっても重要な選択肢となっています。

かんたん1分

おすすめのM&Aマッチングプラットフォーム5選

1. M&Aナビ

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 M&Aナビ

M&Aナビは、日本最大級のM&Aマッチングサイトです。

様々な業種や規模、地域の事業案件が登録されており、小規模M&Aにも対応しています。

また、M&Aの専門家が無料で相談に乗ってくれるサービスもあります。

かんたん1分

2. TRANBI(トランビ)

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 TRANBI

TRANBIは、国内初の事業継承M&Aプラットフォームで、日本の中堅・中小企業に特化したM&Aマッチングプラットフォームです。

買い手は月額課金制となっており、有料会員になると案件に交渉のリクエストをすることができます。

3. M&Aサクシード

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 M&Aサクシード

M&Aサクシードは、法人・審査制のM&Aマッチングサイトです。

後継者不在などを理由に事業承継や譲渡を考える経営者と、M&A案件の成約実績が豊富な譲り受け企業をつなげ、質の高いM&Aマッチングを提供しています。

4. BATONZ(バトンズ)

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 batonz

現時点で成約実績No.1の事業承継支援・M&Aマッチングプラットフォームです。

常時17,000件以上のM&A案件を掲載し、約22万の買い手候補から平均18件以上のオファーを受けられます。

5. スピードM&A

おすすめのM&A・事業承継のマッチングサイト14選 SPEEDM&A

スピードM&Aは、インターネットで直接、買い手を探せるマッチングプラットフォームです。
通常6か月以上かかるM&Aを平均3か月で成約できといったスピーディーな交渉が特徴です。

それぞれ特徴や利用条件が異なりますので、ご自身のニーズに合わせて選択してください。
M&Aに関するご相談やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

かんたん1分

小規模M&A成功の事例2選

小規模 M&A

小規模M&Aは、適切な戦略と実行によって、企業の成長や競争力向上に大きな貢献をすることがあります。

この章では、実際の事例を通じて、小規模M&Aが成功した企業とその取引内容を紹介します。

都内パーソナルジムのM&A

東京と沖縄の2拠点でパーソナルジム事業を展開する相原様は、沖縄での事業拡大に集中するためにM&Aによる譲渡を検討。
同じくパーソナルトレーニングジムを運営する株式会社GASYに事業譲渡の形で新宿店を譲渡されました。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

パーソナルジムのM&A!更なる事業の成長へ売...

>>事業の譲渡・売却について相談する 東京と沖縄の2拠点でパーソナルジム事業を展開する相原様は、沖縄での事業拡大に集中するためにM&Aによる譲渡を検討。同じくパーソナルトレーニングジムを運営する株式会社GASY…

未成熟産業への参入としてのM&A

WKラボ合同会社の廣中克至様はM&Aナビを通じてフクロウカフェを買収されました。
今回の買収は、市場として成熟していないフクロウカフェという業態に対して未経験ながら挑戦する形でのM&Aとでした。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

【買収者インタビュー】異業種から未成熟産業へ参...

2019年1月にM&Aナビを通じてフクロウカフェを買収されたWKラボ合同会社の廣中克至様に、M&Aを決意したきっかけから、買収後の現在、そして将来の展望までを話していただきました。 M&Aナ…

これらの小規模M&A事例は、企業が戦略的な取引を通じて成長や競争力の向上を達成する方法を示しています。
適切な戦略と専門知識を活用し、小規模M&Aのポテンシャルを最大限に引き出すことが重要です。

かんたん1分

小規模M&Aの5つの注意点

小規模 M&A

小規模M&Aは、多くの機会を提供する一方で、成功のためにはいくつかの重要な注意点があります。

1. 目標との整合性の確認

M&Aの目的が自社の戦略と整合していることを確認することが重要です。

買収する企業が自社の長期的な目標に寄与するかどうかを慎重に分析し、ただの短期的な利益追求でないことを確かめる必要があります。

2. 企業文化がマッチするか

買収する企業との企業文化の適合性を評価することは、スムーズな統合と事業の持続的な成長のために不可欠です。

文化的な不一致は、統合後の従業員の士気や生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。

3. 財務状況の詳細な分析

買収対象企業の財務状況を詳細に分析し、隠れた負債やリスクがないかを確認することが重要です。

これには、財務諸表の詳細なレビューだけでなく、将来の収益予測や市場の動向分析も含まれます。

4. リスク管理計画の策定

M&Aには予期せぬリスクが伴うため、事前にリスク管理計画を策定しておくことが重要です。

これには、統合プロセスの障害、法規制の変更、市場環境の変化などに対する対策が含まれます。

5. 長期的な視点を持つ

小規模M&Aは短期的な成果だけでなく、長期的な視点を持つことが重要です。

買収後の統合プロセスや、新たな市場での持続可能な成長戦略を考慮することが不可欠です。

これらの注意点を念頭に置くことで、小規模M&Aは企業にとって有意義な成長機会となります。

小規模M&Aは、戦略的に取り組むことで、企業にとって大きな価値を生み出す可能性を秘めています。

かんたん1分

小規模M&Aについてのまとめ

小規模 M&A

いかがだったでしょうか。

小規模M&Aは事業承継の手段としての活性化や市場環境の変化により活発に行われるようになりました。

取引金額が小さいことから迅速な意思決定や統合のプロセスを実行することが可能であるものの、無理な交渉や不用意な進め方をすると簿外債務の引き継ぎといった思わぬリスクを招くことがあるため注意が必要です。

M&Aナビは、買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いことが特徴です。ぜひご活用ください。

かんたん1分

関連記事

新着買収案件の情報を受けとる

M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。