新潟県のM&A・事業承継の特徴について解説します

2024年06月04日

本記事では、新潟県のM&Aについて解説します。

新潟県は、言わずと知れた米どころとして有名です。
さらに米どころだけでなく、産業で見てみると製造業が盛んな県でもあります。
一方で、製造業を支えていた自動車関連需要は世界的に低迷しており、今後の成長と生き残りのためには今まで以上の工夫と戦略が求められるでしょう。
加えて、新潟県の人口は2000年頃から減少を続けており、労働力の不足も懸念されています。
このように、経営悪化や労働力・後継者不足で、新潟県では事業の存続が難しくなる企業は増えてくると予想されます。

そこで、事業拡大や後継者不足解消で考えられるための1つの方法が、M&Aです。
この記事では、新潟県の産業やM&Aに焦点をあてて、M&Aについて見ていきましょう。

この記事を通じて、新潟県でのM&Aの可能性と具体的な事例を理解することで、あなたの会社の未来に新たな選択肢を見つけることができるでしょう。
事業の継続と発展のために、M&Aは有力な手段となり得ます。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており、様々な出会いのお手伝いをしています。充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので、安心してご利用いただけます。

新規会員登録

新潟県の産業の特徴

新潟県の基幹産業となっているのは製造業です。
そのなかでもとくに盛んなのが機械、鉄・金属製品、食料品です。
これらの産業が発展してきた背景としては、

  • 石油採掘事業で産業の基礎ができた
  • 大手メーカーの創業地である
  • 原料となる米の生産が盛ん
  • などがあります。
    実際に経済産業省のデータによると、製造業が産業構成比に占める割合は全国が20%であるのに対し、新潟県は24%もあります。

    新潟県の広い分野で展開される機械の製造

    新潟県の機械製造企業のなかには、AIやIoTの導入など新たな取組みをはじめる企業が出てきています。
    新潟県では人口減少が進んでおり、機械の製造分野でも人手不足が懸念されています。
    そこで今後はより効率的な生産が求められるようになってきました。
    新潟県が公表している試算によると、2040年の労働力人口は、2010年と比べて35.9%も減少することが見込まれています。
    この人手不足に対応する理由もあり、機械の製造でも業務効率化のための取組みを進めています。

    新分野への挑戦が活発な新潟県の金属製品産業

    金属製品産業では、これでまで培ってきた技術を活かし、医療機器や福祉機器などの今後市場の拡大が見込める分野への参入が進んできています。
    現在強みとしている技術を伸びしろのある別の分野で活かすことで、事業を拡大することが可能です。
    日本医療機器産業連合会によると、医療機器の生産量は統計を取りはじめた1994年から増加を続けており、その生産額は1兆円を超えています。
    このように需要が拡大する分野への参入は、企業の発展においても欠かせません。

    新潟県の豊富な農林水産物を活かした食料品産業

    新潟県の食料品産業では、品質や安心感、福祉・医療などの付加価値を高めた商品の開発に取組む企業も出てきています。
    現在は「安心・安全」を基準に食品を選ぶ消費者も増えてきています。
    また高齢化により、今後福祉・医療分野での食のニーズも増えてくることが見込まれるでしょう。この新たな需要を取り込むことが、事業の拡大に繋がります。
    そこで、新潟県はすでに農林水産物が大きなシェアを占めているという強みを活かし、付加価値の高めた商品を開発する流れが強くなっています。

    M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

    新潟県のM&Aの特徴

    地域によってM&Aの特徴があり、事業承継や買収などに影響をおよぼすこともあります。
    そこで、ここからは新潟県のM&Aの特徴について見ていきましょう。

    新潟県では製造業におけるM&Aのマッチングがしやすい

    新潟県は、製造業におけるM&Aのマッチングがしやすいという特徴があります。
    新潟県では製造業盛んですが、人口減少によって働き手も減っており、事業所数は平成に入ってから半分近くまで減りました。
    実際に新潟県が公表しているデータによると、製造業の事業所数は昭和61年で10,949事業所もあったのに対し、2020年では5,053事業所まで減っているのです。
    この傾向は今後も続くと考えられ、人手不足を解消して事業を存続させるためにM&Aを検討する企業は今後も増えると考えられます。
    そのため製造業におけるM&Aの機会は多く、マッチングしやすいといえます。

    少子化による新潟県経済縮小への危機感からのM&A

    新潟県は少子化が進んでおり、少子化による経済の縮小により経営が厳しくなることを懸念し、経営の安定のためにM&Aをおこなう企業も出てきています。
    少子化は、働き手の不足だけでなく経済の縮小にもつながります。
    体力のない小さな企業は、経済が悪化するとすぐにダメージを受けてしまうのです。
    そこで、会社へのダメージを避けるために、体力のある大きな会社と組んで経営基盤を安定させるという選択肢が出てきます。
    実際に新潟県が公表している試算によると、2040年の新潟県の家計消費は2012年と比べて23.3%少なくなるとされています。
    つまり、国内の人口減少も相まって、将来的に個人のモノ・サービスの需要が減っていくことは明らかです。
    そこで、今後少子化による経済縮小に備え、経営基盤の安定のためにM&Aを考える企業は増えると考えられます。

    新潟県のM&Aまとめ

    今回は、新潟県のM&Aの特徴、新潟県のおもな産業についてご紹介しました。
    新潟県ならではの特徴を感じていただけたでしょうか?

    新潟県の会社を売却しようと検討している方は、ぜひM&Aナビをご活用ください。

    M&Aナビは、売り手・買い手ともにM&Aにかかる手数料などを完全無料でご利用いただけます。買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いのも特徴です。ぜひご活用ください。

    M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

    関連記事

    新着買収案件の情報を受けとる

    M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。