長野県のM&A・事業承継の特徴について解説します

2021年02月15日

「日本の屋根」と呼ばれる長野県は、日本アルプスの高い山脈に囲まれています。面積の10分の8が森林で、林業が盛んと言われていました。
また、諏訪湖周辺のきれいな空気と水を活かして、生糸や絹織物が生産され、製糸業が発達してきました。

一方で、現在は値段の安い外国産に押されてしまい、林業と製糸業は衰退しています。

かつて主流だった産業と同じ道のりをたどらず、このコロナ禍でさらに発達していくために、M&Aを選択する経営者も増えていくでしょう。

この記事では、長野で会社を経営される方に向けて、長野のM&Aの特徴やおもな産業、中小企業のM&Aの事例について紹介します。

長野県における産業の特徴

長野県は「東洋のスイス」と言われており、経済力の高いお金持ち国家であるスイスと産業が似ていることで知られています。

実際に県内の産業分類別構成比は製造業22.5%、卸売・小売業19.3%、サービス業12.4%と続き、長野では製造業がおもな産業です。

かつては諏訪湖周辺を中心に製糸業は盛んでしたが、現在では精密機械の製造や先端産業が製造業の中心です。

また、夏は高原地帯に多くの避暑客が訪れ、冬は各地のスキー場がにぎわいます。さらに、自然を活かした観光業も発展しています。

精密機械と先端産業が盛ん

製造出荷額などの産業別割合を見ると機械24.5%、電気・電子19.0%、情報16.8%となっており、工業製品の出荷額は66.8%で47都道府県中17位です。

中でも、顕微鏡・拡大鏡の国内シェアは全国1位で長野の製造業を大きく支えています。

最新の機器を導入したり、企業の新製品開発のサポートや、企業と大学で新事業共同研究したりするなど、行政はさまざまな分野で積極的に手助けしています。

自然を活かした観光業

長野ではその地理を活かして、夏は高原地帯に多くの避暑客が訪れ、冬は各地のスキー場がにぎわいます。

また、長野県には善光寺や松本城をはじめ、多くの史跡や文化遺産があり、数多くの温泉もあります。

都道府県データランキングのホテル・旅館の数を見ると、長野県内の旅館の施設数は2,487で、静岡県についで全国2位の数字となっています。温泉地数も全国2位です(1位は北海道)。

このように、観光は長野県の一大産業となっています。
しかし現在はホテル・旅館や温泉などはコロナ禍で厳しい経営を強いられています。一方で、自然に囲まれてコロナ疲れをリフレッシュできる長野ならではのサービス業は、M&Aのターゲットにおいても非常に注目されているのです。

また情報化社会の時代に、今後精密機械などの製造業がますます発展していくことは間違いないでしょう。会社のさらなる拡大を図るためにM&Aを検討してみてはいかがでしょうか。

長野エリアのM&Aの特徴

地域によって産業の特徴は異なるように、M&Aもエリアによって特性が変わってきます。そこで、長野ならではのM&Aの特徴について見ていきましょう。

後継者不足が深刻化

近年、経営者の高齢化が進行する中で、後継者難に直面する企業が増加しています。

実際に帝国データバンクの「事業承継に関する長野県内企業の意識調査昨年行った調査」によると、県内企業の後継者不在率は 64.6%と、3分の2近くに迫っています。これは、現代表が 60 代だと 49.5%、70 代でも 36.6%に達している結果です。

また、新型コロナウイルスの感染拡大を契機として事業承継に対する関心が変化したか調査したところ、「変わらない」が 77.3%と他を大きく引き離す一方、9.9%の企業が「高くなった」と回答しています。

このように、あまり大きな変化はないようにみえますが、もともと事業承継を経営上の問題として認識している企業が多かったところ、関心を高めた企業が全体の約1割にのぼったことに、感染症の影響の大きさが示されていると分析できます。

長野では、後継者がいないことは喫緊の課題です。とくにリゾート地や旅館の経営は、後継者問題がより目立っています。

製造業の分野強化、拡販

AI社会となっていく時代背景から企業の努力は必須ですが、販路拡大のために精髄業のM&Aは今後も伸びていくと考えられます。

2019年工業統計調査報告書によると、製造業の事業所数および従業者数の推移で、県内の事業所数は減っているものの、従業員数は増加傾向です。
また製造品出荷額などは、前年と比べて4.8%の増加となっています。

このように、製造業の底力は強いので、その分M&Aによる大きな相乗効果も期待できるでしょう。

そこでM&Aを行うことで、お互いの会社がもつ得意分野を強化し、販売ネットワークを駆使して拡販につなげられます。会社のさらなる発展を狙ったM&Aは、今後もますます増えていくのではないでしょうか。

まとめ

今回は、長野県のM&Aの特徴、長野県のおもな産業についてご紹介しました。長野県ならではの特徴を感じていただけたでしょうか?

長野県では、コロナ禍でもさらなる発展が期待される製造業と観光業が強みです。

長野県の会社を売却しようと検討している方は、ぜひお気軽にM&Aナビにご相談くださいませ。M&Aナビは、厳選された案件のみを掲載している掲載成約率トップクラスのM&Aマッチングプラットフォームです。

納得のいく会社売却に向けてサポートいたします。

関連記事

新着買収案件の情報を受けとる

M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。