宮城県のM&A・事業承継の特徴について解説します

2021年02月25日

2011年に北陸地方を襲った東日本大震災。宮城エリアも例外ではなく、地震による被害や、津波による仙台空港の浸水、気仙沼や石巻港など、広範囲に被害を受けました。
その後国の後押しもあり順調に復興しています。

現在、宮城エリアは水産業・農業の盛んな1次産業と、仙台市を中心とした卸売・小売・サービス業などの3次産業が盛んです。特に沿岸部は日本有数の水産業のエリアでもあります。

しかし、後継者不足や人手不足による経営難は深刻で会社を存続させるため、あるいは会社を成長させるための有効な手段であるM&Aを選択する経営者も増えています。

この記事では、宮城で会社を経営する方に向けて、宮城のM&Aの特徴、宮城の主な産業、宮城の中小企業のM&Aの事例についてご紹介します。

宮城エリアにおける産業の特徴

最初に、宮城県の地域特性と産業の特性をご説明します。

宮城エリアの地域特性

東北地方の中心地である宮城県は、政令指定都市の仙台市を抱え、県内人口約230万人の県です。西に奥羽山脈を抱え、北上川、阿武隈川などによって作られた豊かな穀倉地帯である沖積平野が広がっています。北陸地方の太平洋側に位置し、比較的温暖で降雪が少ないのが特徴です。

県中央には東北自動車道が走り、首都圏から仙台市まで約4時間の距離にあります。空港や石巻港など、県内の主要箇所へのアクセス網が完備されています。空港は県南部に仙台空港があり、国内外に定期便が就航しています。また東北新幹線も通っており、東京~仙台間を最短1時間半で結びます。

宮城県には東北唯一の重要港である石巻港があります。国内外の貨物船の定期便もあり、輸出入の拠点ともなります。東日本大震災では津波の被害を受けましたが2020年11月現在、すべての災害復旧工事が完了しています。

宮城エリアの産業特性

宮城県内の産業構造は全国平均と比べると2次産業が少なく、農業・水産業を中心とする1次産業と卸売・小売・サービス業といった3次産業が多い傾向にあります。また、仙台市を中心に県外企業の営業支点が強いことも特徴です。

県内の地域別GDPを見ると、仙台市が県全体の半分以上(約56%)を占める形となっています。県全体を産業別に見たとき、仙台市では卸売・小売・通信などのサービス業が盛んで、その他の地域では農業・水産業が大きな割合を占めています。特に、沿岸部では水産業で全国的有名な気仙沼市や石巻市があるほか、県中央部の広い沖積平野では農業が盛んです。

県内の景気は東日本大震災後、一時的に悪化しましたがかなりの部分で回復しています。アベノミクスの経済効果もあり、宮城エリアの景気動向指数(CI、H27=100を)は、100前後で推移しています。

宮城エリアの課題産業特性の課題として、従業員の不足と後継者不足が深刻です。70歳以上の雇用制度導入企業が4社に1社となっている現状は、人手不足が深刻化しているかを表しています。また、経営者の高齢化に伴う後継者不足も深刻です。みやぎ産業振興機構によれば、かつては親族内承継が9割以上を占めていたものの、近年では親族内承継が中規模企業で4割、小規模企業では6割までに減少してきています。

宮城エリアのM&Aの特徴

M&Aは地域ごとに特徴があり、その特徴がM&Aに深く関わってくることがあります。そのため、M&Aを特定の地域でおこなうときは、地域産業の特徴を考慮する必要があるのです。

宮城エリアでは、中小企業の経営者の高齢化や人手不足が深刻化してきています。宮城県全体の産業では仙台市を中心とする3次産業が中心ですが、水産業で有名な沿岸地域、農業に適した沖積平野の1次・2次産業もあります。

全国的に有名な水産業

宮城県は全国的に水産業が盛んで、漁業・養殖業の生産量は全国3位(242,072トン)になります。

宮城の会社には、水産業者、及び水産加工業者が複数あり、それに伴う運送業なども数多くあります。地元で水揚げされた魚介類を、近くの水産加工業者へ運び加工し、それらを運送業者にお願いして首都圏や全国各地へ運ぶという流通・販路が確立されています。

しかし、多くの水産業者を抱えている宮城エリアでは次世代の担い手が不足し、後継者難に陥っている企業が多くあります。

東北地方の商業都市として期待される仙台市

東北地方の多くは首都圏へのアクセスが悪く、東北他県から仙台市へ買い物に訪れるひとが多くいます。市内は百貨店や高級ブランドショップ、営業所等のオフィスが集積しており、東北の他の地域と比べても商業都市としての機能が格段に充実しています。

また、全国展開する大規模企業でも東北地方の営業拠点として支店や営業所を設置している企業も多く見受けられます。

まとめ

今回は、宮城県のM&Aの特徴、宮城県のおもな産業についてご紹介しました。宮城県ならではの特徴を感じていただけたでしょうか?

宮城県の会社を売却しようと検討している方は、ぜひお気軽にM&Aナビにご相談くださいませ。M&Aナビは、厳選された案件のみを掲載している掲載成約率トップクラスのM&Aマッチングプラットフォームです。

納得のいく会社売却に向けてサポートいたします。

関連記事

新着買収案件の情報を受けとる

M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。