【2024年最新版】M&A戦略を磨くおすすめ書籍・本32選!入門から戦略・実務まで

2024年06月04日


M&A戦略を学びたいけれど、どの本を選べば良いか迷っていませんか?

M&Aは企業の成長戦略において重要な手段の一つとなっており、その成功のカギを握る知識は今やビジネスパーソンにとって必須となっています。
この記事では、M&Aに関する最新の情報や戦略を学ぶための必読書籍・本32選をご紹介します。
これらの本を読むことで、M&Aのプロセスや戦術を理解し、成功へと導く力を身につけましょう。

M&Aの前提知識レベルやプロセス別にご紹介しておりますので、ご興味ある方はご覧ください。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており、様々な出会いのお手伝いをしています。充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので安心してご利用いただけます。

会員登録

目次

M&A必読書籍・本~中小企業向けM&A編~

M&A必読書籍・本1.「中小企業向け 会社を守る事業承継」

https://amzn.asia/d/8jN74bL

~後継者がいなくても安心!新時代の「事業承継」で100年後も続く会社を築こう~
この本を読むと、事業承継における様々な方法や手続きが理解できます。
具体的には、親族間承継から第三者承継(小規模M&A)までの基本を学ぶことができ、どのようにして相手を選ぶかや事業承継にかかる費用についても把握できます。

また、親族間承継の利点や欠点、事業承継における手続きや税負担対策など、具体的な実践知識も得ることができます。
さらに、金融支援やM&Aの今後の展望、M&Aプラットフォームの活用方法など、事業承継に関わる最新情報も得られます。
この本を読むことで、後継者不在の悩みに対処し、次世代に続く会社を築くための方法を見つけることができます。
事業承継の新しいステージにチャレンジし、会社の将来を見据えた戦略を立てるための知識が身につきます。

<本書で解決する疑問>

  • 誰に事業を引き継がせるか?
  • 事業承継にかかる費用は?
  • 親族間承継の利点・欠点は?
  • 事業承継の手続きや税負担対策
  • 金融支援について
  • M&Aの今後の展望
  • M&Aプラットフォームの活用方法

M&A必読書籍・本2.「損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~」

後継者がいないオーナー企業でM&Aを検討している方にぴったりの書籍です。
会社売却の基本書であり、損を避ける方法や最適な結果を生み出す方法を探求する方には是非とも手に取っていただきたい本です。
会社売却だけの内容ではなく、企業価値に関する解説や、経営者としてどこを目指すべきか、会社売却の意義なども豊富に盛り込んでいるため、M&Aの実務を学びたいすべての方に有益な書籍です。
企業買収側の視点が多い中で、売却側の観点で詳細に記述されているのがおすすめする理由です。

M&A必読書籍・本3.「[最新版]中小企業のためのM&A徹底活用法」

生存競争に勝ち抜くために中小企業がM&Aをどのように利用するか。後継者問題や新規事業立ち上げなど、中小企業が直面する多くの課題や問題点に対して、M&Aを活用してどのように解決策を導き出すかは数多くのオーナーにとって難題となります。
自社の行き詰まりから脱出するために、目からウロコのM&A活用法が存在するかもしれません。
さらに、企業を多角的な視点で見直すことにより、これまで気づかなかった新たな会社の価値が見つかることもあります。
中小企業が抱える問題をM&Aの徹底活用によって解決へと導くヒントを提供する本です。

M&A必読書籍・本4.「よくわかる中堅中小企業のM&A活用法」

後継者問題に直面するオーナー社長向けに、事業承継のオプションとして注目されるM&Aの有効活用法について説明しています。
図表を駆使して簡潔に解説し、成功事例と失敗事例のケーススタディも充実しており、最後まで魅力的に読み進めることができます。
「M&Aとは何か?」「さまざまなアプローチと進行方法は?」といった初心者が知りたい情報から、M&Aの実践方法など具体的な事例まで網羅しているため、後継者問題に苦悩するオーナー社長が最初に読むべき基本書のような感覚で取り扱える書籍です。

かんたん1分

M&A必読書籍・本~M&A入門・基本編~

M&A必読書籍・本5.「世界でいちばんやさしいM&A入門ゼミナール」

この本にはM&Aに関する予備的な知識や基本的な知識が全くない方でも、驚くほど素早く読み進むことができ、M&Aの全体像を楽しく把握することが可能です。
まるで漫画のようなイラストが散りばめられた会話形式なので、内容に沿って進むだけで、M&Aに関する知識が自然と頭に入っていくでしょう。
この一冊を手に取れば、M&Aの基本的な部分が把握できるため、さらに高度な段階へと進むための準備段階と位置づけることもできるかもしれません。
いずれにせよ、M&Aについての予備的な知識が全くない状態から始めるのに適した入門書です。

M&A必読書籍・本6.「手にとるようにわかるM&A入門 会社を揺さぶる「合併・買収」」

公認会計士によって執筆されたM&A入門の書籍です。
M&Aに関する全体を網羅的にカバーし、「M&Aとは何か?」という基本的な事項から敵対的な買収に至るまで、要点を押さえた解説が行われています。
一冊読み終わると、新聞に掲載されているような程度の内容であれば容易に理解できるようになる基本書です。

図解も多く用いられており、読むだけでなく見ることからもM&Aに関連する様々なトピックを理解できるので、感覚的に事柄を覚えるタイプの方にも適切だと言えるでしょう。
出版年は2005年で新しいものではありませんが、これからM&Aを学び始める人にとっては理解しやすい本です。

M&A必読書籍・本7.「企業買収の裏側ーM&A入門ー」

実際のケーススタディを取り入れながら、M&Aの種類や買収プロセスを解説することで、架空の事例を用いるよりも頭に入りやすいのが特徴です。
タイトルには企業買収の裏側と記載されていますが、いわゆるゴシップ的な話ではなく、M&Aの実務に関して実際の事例を引用しながら分かりやすく説明されている基本書です。

M&Aをお見合いから結婚や破談などに例えて説明しているので、初心者にとってもアプローチしやすく学ぶことができます。
また、専門書としては手頃な価格なので、M&Aに関する概要をざっくりと把握し、各部門の詳細な流れは別の方法で学びたいM&A初心者にも最適な本です。

M&A必読書籍・本8.「まんがでわかるオーナー社長のM&A」

中小企業のオーナー社長がM&Aについて知りたいと思ったときに、気軽に読める漫画形式の本です。
しかしながら、内容は中小企業の後継者問題や相続、事業継承などを実際に取り上げた本格的なM&Aの基本書です。

主人公の女性はプロポーズされ幸せの絶頂期にいますが、その最中、実家の父が倒れ、経営している酒蔵の諸問題が表面化します。
多くの中小企業が抱える問題を、主人公の体験を通じて一緒に学ぶことができます。
忙しい初心者でも、仕事の合間の隙間時間があれば手軽に読み進められるので、M&Aの勉強に取り組むことができるでしょう。
漫画形式なので、読むだけでなく視覚的にも理解しやすく、M&Aの基本概念を楽しく学ぶことが可能です。

かんたん1分

M&A必読書籍・本~M&A実務プロセス編~

M&A必読書籍・本9.「この1冊でわかるM&A実務のプロセスとポイント」

中小規模企業のM&Aに関して、始め方や最低限知悉しておくべき事項などを纏め上げた手引書です。
M&Aを初めて担当することになった方がM&Aの手続きや進行を学ぶためには、このような手引書を読むのが最も適切な方法でしょう。
詳細には触れていないものの、簡潔な言葉でM&A実務の一連の流れを把握することができます。

M&A必読書籍・本10.「M&Aの実務プロセス〈第2版〉」

M&Aの一連の流れを、企業を買収する側の視点で著しており、この書籍を読むことでターゲット探しからクロージングまでの連続した手順を把握することができるようになります。
細かなテクニックに関しては専門家と協議しながら進めていく方が安心できますが、M&Aの初期段階から具体的にどのようなことを行うべきかという手順を知りたい場合は最適な本です。
M&Aの実務について初めて学ぶ方には、まず手に取っていただきたい1冊でございます。

M&A必読書籍・本11.「会社売却とバイアウト実務のすべて」

売り手側の視点からの実務全般を詳細に説明した基本的な書籍でございます。
さらに、売却価格の計算方法も解説されています。
疑問と解答がペアで掲載されており、一部は物語風にバイアウトのプロセスを説明している部分もあり、一連の流れが理解しやすい形で構成されています。

実際に起こりうる事例が物語の中に配置されており、まるで売却側の事業主になったかのような現実感が味わえるのが特徴です。
特に、会社売却の観点からM&Aを学びたい方が、実務に関する参考書のように手元に置いておきたい分かりやすい本です。

M&A必読書籍・本12.「企業買収の実務プロセス〈第2版〉」

今後ますます需要が高まるであろうM&Aについて、買い手側の視点から順を追って実務プロセスを解説する本です。
企業買収戦略の策定から経営統合に至るまで、豊富なノウハウや考え方を取り入れながら実践的なマニュアル本を目指しています。

平成26年の会社法改正や平成29年度の税制改正などの部分を改訂した第2版は、最新の実務を反映し、加筆・修正が施されて非常にわかりやすい本になっています。

かんたん1分

M&A必読書籍・本~M&A法務・税務編~

M&A必読書籍・本13.「中小企業買収の法務」

増加傾向にある中小企業のM&Aを、「事業承継型」と「ベンチャー企業」に区分し、法務上の手続きを説明しています。
一般的な知識は最低限に抑えつつ、実際に起こりうる現実的な事例を用いて理解を深めることができます。

M&A必読書籍・本14.Q&A 親族・同族・株主間・資産譲渡の法務と税務[三訂版]

個人間や会社間などのパターンごとに課税関係を解説する書籍です。
親族や株主間の資産譲渡を検討しているオーナーにお勧めです。
読者ターゲットを絞った法務関連の書籍であり、必要な事項が凝縮されていることで深い理解が得られます。
実務・法務全般の書籍を読んだものの、親族や株主間の資産譲渡に関してはわずかなページしか書かれておらず、十分な理解が得られなかったという人にもお勧めです。

M&A必読書籍・本15.「M&A実務の基礎[第2版]」

M&Aのプロセスを時系列で紹介しています。
プロセスごとの解説に加え、金商法、独禁法、労働法、知的財産法などの法務関連事項を網羅しています。
法務担当者だけでなく、さまざまな職種の人が読んでも学びがあるでしょう。
M&Aの基本的な全体像がわかりやすい書籍です。

M&A必読書籍・本16.「M&Aを成功に導く 法務デューデリジェンスの実務[第3版]」

買収対象企業の法務デューデリジェンスを行う際に、出現しやすい問題点を検討・解説している書籍です。
知的財産権、ファイナンス、不動産などの項目別に分かれており、デューデリジェンスの目的、内容、注意すべき点などが詳しく検討されています。
M&A実務の基本書を読み終えた後に読むことで、より深い理解が得られるでしょう。
また、法務デューデリジェンスを行う際に役立つ情報が豊富に詰まった参考書としても活用できます。

M&A必読書籍・本17.「業種別 法務デュー・ディリジェンス実務ハンドブック」

M&Aの際の法務デューデリジェンスは、M&Aのアプローチ、買収の狙い等により多岐にわたります。
この一冊は、特殊な性格を持つ業界の相違点に焦点を当て、12の業界別法務デューデリジェンスの要点をチェックリスト形式でまとめています。
業種ごとに整理されることによって、さらに緻密にまとめられており読み手にとって理解しやすい本です。
どの業界にも共通する事柄と業界特有の事柄に分けられているため、必要な部分を先に読むことができます。

M&A必読書籍・本18.「法務デューデリジェンスチェックリスト」

法務デューデリジェンスを実施する際に、実際に役立つチェックリストです。
リストに従って調査を進めれば、何かを忘れたかもしれないという不安が解消されるのが大きな魅力です。
適当なチェックが後に大変な事態を招く可能性のある法務デューデリジェンスだからこそ、丁寧に確認したいもの。
この一冊は手元に保持して、項目ごとに欠けがないかをチェックする際にも、非常に分かりやすい本となっています。

M&A必読書籍・本19.「中小企業M&A実務必携 税務編」

中小企業のM&Aの中で、実に90%以上を占める株式の譲渡。
その株式譲渡の税務に関するポイントを容易に理解できるようにまとめた一冊です。

もちろん基本知識も前半部分で整理されており、M&Aの法務関連の初学者にもおすすめできます。
理論を学ぶよりも、すぐに実践で活用したい人に向いています。

M&A必読書籍・本20.「M&Aの契約実務[第2版]」

M&Aの契約実務の初版からおおよそ8年、2018年9月に刊行された待望の第2版です。
M&A取引の標準的な条項に加え、前版ではカバーしきれなかった外国法や海外取引実務の影響など、近年の時代の背景を踏まえて加筆がなされています。
債権法の改正も取り上げられているため、最新のM&Aの実務を習得したい方には最適です。

M&A必読書籍・本21.「M&A法大系」

M&A実務のエキスパートである弁護士たちが、実務と理論の全てを説明する一冊です。
会社法や金融商品取引法を中心とした法務を、実際の学説や判例を引用しながら解説しています。
M&Aの法務をより深く学びたい方に適しています。

M&A必読書籍・本22.M&Aストラクチャー税務事例集ー買収・事業再編・事業再生における税効果スキーム

M&Aを行う際に不可欠な最適な構造の選択。
この一冊は、各スキームにおいて実際の事例と共に詳細に解説しています。

年間100件を超える案件を手がける税務の専門家たちが、複雑なM&A構造を理解しやすい本にまとめています。

かんたん1分

M&A必読書籍・本~M&A戦略・経営編~

M&A必読書籍・本23.「財務マネジメントの基本と原則」

財務マネジメントに関する基本的な事項が網羅されています。
損益計算書や貸借対照表などの決算書類の数値が具体的な意味を持つように頭に入ってくるようになります。物語形式で進むので、難なく読み進めることができます。

さらに、一方的に知識を押し付けるのではなく、どうしてそうなるのかや、このような場合にどう対処すべきかなどを読者に考えさせるため、頭に入れた知識を再活用しやすいのも特徴です。
内容は実践的で、すぐに活用したい人やM&Aの財務関連を中心に学びたい人向けの本です。

M&A必読書籍・本24.「会社のお金はどこへ消えた?」

M&A初期段階での調査で不可欠となるのは、対象となる企業の財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)です。
デューデリジェンスに先立ってきちんとリサーチしておくべきです。
しかし、重要な書類を完璧に解読できない事例も存在することでしょう。

M&Aにおいて非常に重要な財務諸表をどこをどのような方法で確認すべきか、財務諸表から把握できることなど、大切なポイントを平易な言葉で具体的に伝授してくれる非常に分かりやすい1冊です。
M&Aの全過程を頭に叩き込んだ後は、是非読んでおきたい本です。

M&A必読書籍・本25.「JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書」

二度の海外企業買収を経て現在の姿を築いたJT。
世界のたばこ市場において第3位の企業へと成長したJTの副社長が執筆した著作です。
M&Aの当事者であるからこそ伝えることができるノウハウはまさに実践的な情報です。

M&Aを進める過程で遭遇する問題にどのように対処していくか、大企業のM&Aがどのように達成されたかなどが物語形式で綴られており、大企業のM&Aに関して非常に理解しやすい本です。
単に実務的なプロセスに留まらず、人材育成やリーダーシップの在り方にも触れた数少ないM&A基本書と言えます。
海外企業買収に限定されない内容で、企業変革を志すリーダーにも指導書となる優れた一冊です。

M&A必読書籍・本~M&A用語・コミュニケーション編~

M&A必読書籍・本26.「最新式 英文併記M&A頻出用語辞典ーM&Aに関わるすべての実務家のために」

M&Aの領域は時代が進むごとに変化してます。
この一冊は、M&Aの概念や実践の本ではないのですが、法的、会計、財政的観点からM&Aで頻繁に用いられる用語に説明を加えた辞書です。
M&A実務の本で理解できない専門用語が現れた際に手元に置いておくと大変助けとなる1冊です。

かんたん1分

M&A必読書籍・本~M&A戦術・評価・実行編~

M&A必読書籍・本27.「バリュエーションの教科書」

ファイナンス全般をピラミッドのように例え、俯瞰的に捉えることで、頂点に相当するM&Aや企業価値評価を理解するスタンスのテキストです。
数学や統計学といったファイナンスの基礎から始めるのではなく、ファイナンス全体の構造に肉付けを行うという新たなアプローチで記述されています。
M&Aの基本書を読み、一通りの知識を習得した後に読むと、ファイナンス理論とM&A実務の間のギャップが埋まり、「なるほど!」と納得できる1冊です。

M&A必読書籍・本28.「M&Aシナジーを実現するPMI」

企業買収後の事業や組織統合に関して詳細に説明しています。
M&Aの方法や実践に関する手続きについて述べた書籍が多い中で、統合後のシナジー創出を目的とした事業価値向上を目指す実務のテキストです。
PMI(合併・買収完了後の統合プロセス)の理解を深めるには最適な一冊です。
実務、法務の基本書を読み終えた後に読めば、M&Aに関する理解がより深まり、興味深く読み応えのある本になるでしょう。

M&A必読書籍・本29.「M&Aファイナンス」

M&Aの実践書の中でも、ファイナンスと法的実務に特化した書籍です。
M&Aにおいてある程度の実務経験を積んだ人が知りたいと思う情報が網羅されています。
M&Aの基本を学んでいる人や、法務関連とファイナンスを深く理解したい人にとって有益な分かりやすい書籍です。

M&A必読書籍・本30.「買収効果を発揮させる クロスボーダーM&Aの組織・人事戦略」

注目を集めているクロスボーダーM&A(国際的な企業買収・合併)後、買収効果を最大限に引き出すことを目指す書籍です。
実務のテキストであり、ガイドブックのような位置付けです。
買収後の人事管理や事業構造改革について触れており、よくある買収後の事業停滞を防ぎ、事業をさらに成長させることを目的としています。
クロスボーダーM&Aを検討している人もそうでない人も、ビジネスリーダーであれば一度は読んでおきたい優れた書籍です。

M&A必読書籍・本31.「カーブアウト型M&Aの実務─スタンドアローン問題から価格交渉まで」

カーブアウトとは、事業の一部を分割する形態のM&Aです。
本書では、カーブアウトM&Aを中心としたM&Aの実務をまとめています。
通常のM&Aとは異なる注意点や交渉のポイントなどが詳細に解説されています。
近年普及しているカーブアウトM&Aを、より深く理解したい人向けの分かりやすい書籍です。

M&A必読書籍・本~M&A事業再生・再編編~

M&A必読書籍・本32.「M&Aによる事業再生の実務」

M&A活用によって事業再生を達成する実践的な方法を、物語的な形式で解説している本です。
M&Aの初期段階で最も難しいとされるスポンサー選びに焦点を当てており、M&A初学者にとって強力な支えとなる一冊です。
事業再生に関する実践的なプロセスが中心で、実際に活用可能なサンプルも掲載されており、実務を学びたい初学者にとって非常に有益な一冊となっています。

かんたん1分

【2024年最新版】M&A戦略を磨くための必読書籍・本32選!最新のM&A情報を網羅 まとめ

本記事では、M&A戦略を磨くためのおすすめ書籍・本の最新32選をご紹介しました。
これらの書籍は、M&Aの基本概念から実践的な戦術、最新の事例まで幅広くカバーしており、ビジネスパーソンにとって大変有益です。
ぜひこの機会に、M&Aに関する知識を深め、企業の成長戦略に役立ててください。

またM&Aナビは、売り手・買い手ともにM&Aにかかる手数料などを完全無料でご利用いただけます。買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いのも特徴です。ぜひご活用ください。

かんたん1分

関連記事

M&A・事業承継の基礎知識
2024年06月04日

【2024年版】M&A・事業承継のおすすめマッチングサイト20選を徹底比較!

最近は会社や経営者に限らず、個人によるM&Aも広まってきています。 それに比例する形で近年急激に増加しているのが事業承継・M&Aマッチングサ

  • M&A
  • M&Aマッチングサービス
  • M&A方法
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • M&Aの市場・業界動向
    2024年06月04日

    【2024年最新版】M&A業界の今後の動向と展望!業界に将来性はあるのか

    日本では後継者不在による黒字廃業が社会問題のひとつになっていることを背景にM&A業界の今後に注目が集まっています。 2025年までに70歳を超える中小

  • IT業界
  • M&A
  • M&Aの動向
  • 不動産業界
  • 医療・介護
  • 建設業界
  • 製造業
  • 調剤薬局
  • 運送・物流
  • M&Aの市場・業界動向
    2024年06月15日

    M&A仲介会社の選び方や費用、注意すべき3つのポイントを徹底解説!

    以前と比較してM&Aが選択しやすい事業環境になるにあたり、M&A仲介会社の選び方がポイントとなっています。 M&Aは以前に比べると

    M&A・事業承継の基礎知識
    2024年06月05日

    M&Aはどこに相談するのが良い?相談先の選び方や、選ぶときの3つの注意点を徹底解説!

    M&Aを検討しているが、どこに相談すればいいかわからない…。そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。M&Aは専門的な知識と経験が必要で、適切

  • M&A
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • 新着買収案件の情報を受けとる

    M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。