新着情報

機能改善

【マイページを刷新】円滑な交渉を支援する「商談ルーム」機能の提供開始

平素より、M&Aナビをご利用いただきありがとうございます。

この度、マイページを刷新しオンラインM&Aに不慣れな方でも、円滑に交渉を進められる機能をリリースしました。

特に、ご要望が多かったチャットやファイル共有の機能改善に加え、商談の流れをガイドする新機能「交渉トピック」をリリースしています。


◆ 商談ルームとは?

"商談ルーム"とはマッチングしたユーザーが交渉を行う「2人だけの交渉部屋」です。

従来のチャットでやり取りできるようになっているだけではなく、次に何を交渉すべきなのかが順々に案内され、初めてのM&Aでも迷わないようになっている点が最大の特徴です。

なんのための機能?

当事者間で行うオンラインM&Aでは、その利便性と引き換えに不安や負担を感じられる方が多くいらっしゃいます。

  • 次に何をどんな基準で交渉したらいいかわからない
  • 相手が何をしているのかわからない
  • 経験格差が大きく、流れを相談してすり合わせしながら進めなければならない


その不安や手間を払拭するために、M&Aナビの商談ルームは交渉すべきトピックを事前に示し、

ご利用者様はそれに沿って進めていただきます。

これにより、オンラインM&Aに不慣れな方でも、見通しを持って交渉を進めることができ

相手が今どんなトピックに着手しているのかを把握できるので、コミュニケーションも円滑になります。

どんなことができる?

商談ルームは、①チャット/②ファイル共有/③交渉トピックの3つの機能で構成されています。

チャットとファイル共有は従来の機能を大幅に機能改善しています。(詳細は下記「各機能の特徴」に記載)

新機能の"交渉トピック"は、M&Aナビがリストアップした交渉すべきトピックを、チェックリスト形式で買い手 / 売り手に分担します。

ご利用者様は担当のトピックについて、チャットやファイル共有をしながら完了させていくことで交渉を進めます。



<交渉トピックの一例>

・機密保持契約を差し入れましょう
・トップ面談の日程を調整しましょう
・重視する条件や譲歩できない条件を相手に伝えましょう


交渉トピックページの一例

各機能の特徴

①チャット

・スレッド化が可能で、話題ごとに分割することでやり取りの錯綜を防ぐことができます。

・交渉トピックとチャットはリンクしており、交渉内容をすぐに遡ることができます。


②ファイル共有

・ファイルの共有範囲は、ユーザー単位で指定することも、"機密保持契約を締結した相手のみ"を指定することも可能です。

・チャット投稿にファイル添付が可能で、新規アップロードだけでなく、他の商談ルームで共有済みのものを再利用することもできます。


③交渉トピック

・交渉を4つのフェーズに分けて、進捗に応じて交渉トピックを追加するので、"今やるべきこと"を見失いません。

・各交渉トピックごとに解説を設けており、M&Aに不慣れな方でも、その時に必要な分の知識を素早く学びながら交渉を進められます。

◆ マイページのその他の機能改善

商談ルームに加えて、より一層M&Aナビを快適にご利用いただくために、マイページの機能改善を実施いたしました。


・商談一覧画面の刷新

→デザインを刷新し一覧性が向上しました。

→また、プライベートな"内部検討メモ"を保存できるようになりました。


・交渉仕様の検討

→秘密保持契約前から、商談ルーム内のチャットで商談相手と連絡ができるようになりました。

→売り手の方は匿名状態でチャットが可能です。


・レフトナビゲーションの改善

→メニューの項目を統廃合し、項目を減らすことで、どこに何があるのかわかりやすくなりました。


・支援先切り替え

→専門家の方むけの機能で、複数の支援先の商談を別々に管理できるようになりました。


・QA管理機能の廃止

→これまでご利用いただいていたQA管理機能は今後廃止予定のため、閲覧のみ(新規投稿不可)にご利用を制限しています。

→交渉相手に質問したい場合は、商談ルーム内のチャットにて質問を行なってください。

→詳細はこちらをご確認ください。


以上、ご不明点がありましたら、マイページ内の事務局チャットもしくは、お問合せからご連絡ください。

企業情報

M&Aナビは、中小企業のM&AプロセスのDXを通じて、全ての企業が低コストでM&Aを行える世界を目指す株式会社M&Aナビが運営しています。

もっとみる

corporate_information

M&Aナビはすべての経営に最良の選択を提供します

new_registration

売り手の方にとっても買い手の方にとっても、 未来を切り拓く取引を実現したい。 M&Aナビは両者が同じ目線で対話をできる 「フラットなプラットフォーム」を目指しています。

無料で使ってみる

メールマガジンでは、 新着情報が受け取れます

必要な条件を設定するだけ!

メールマガジン登録