【会社の買取方法】会社を買い取るまでの流れやおすすめの案件の探し方、成功させるポイントを解説

2024年06月04日

kaitori

会社の買取は、企業成長や市場展開の重要な手段であり、戦略的なビジネスの一環として注目されています。

しかし、買取プロセスは複雑であり、成功には慎重な計画と実行が必要です。

本記事では、会社を買い取るまでの流れ、効果的な案件の探し方、そして買収を成功させるための重要なポイントについて、重要な情報を詳細に解説します。

会社の買取に興味がある経営者、M&Aに関わる専門家、または単にこのトピックについてもっと学びたいと考えている方々にとって、この記事が会社買収の成功の道しるべとなることを願っています。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており様々な出会いのお手伝いをしています。
充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので安心してご利用いただけます。

会員登録

会社の買取が注目される背景

近年、会社の買取は、経済のグローバライゼーション、市場の変動の激化、技術進化の加速などにより、企業成長戦略の一環として注目されています。

特に、新たな市場への進出や、特定の技術・人材を得るために、他社の買収を行うケースが増えています。

また、後継者問題を抱える中小企業においては、事業継続の手段として買取が選ばれることもあり、現代のビジネス環境では、会社の買取は戦略的な成長のための重要な手段となっています。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

会社買取のM&Aの手法(スキーム)

企業成長の加速や市場内での競争力強化のため、会社買取は非常に重要な戦略となっています。

その実現のためには、「株式譲渡」と「事業譲渡」という二つの主要な手法があります。

これらの手法はそれぞれ異なる特徴を持ち、買収を行う企業の目的や状況によって適切な選択が求められます。

株式譲渡

株式譲渡は、対象企業の株式全体または過半数を購入することで、その企業の経営権をを取得する方法です。

この手法の最大のメリットは、企業の完全な経営権を迅速に得られることにあります。

株式譲渡による買収では、資産だけでなく負債も含めて企業全体を引き継ぐことになります。

そのため、買収前の詳細なデューデリジェンスが不可欠です。

このプロセスを通じて、隠れた負債やリスクを事前に把握し、買収後のサプライズを避けることができます。

事業譲渡

事業譲渡では、対象企業の資産のみを選択して購入します。

この手法は、特定の資産や事業部門のみを買収したい場合に適しています。

事業譲渡の利点は、不要な負債やリスクを負わずに済む点にあります。

買収する資産を選択できるため、戦略的に重要な部分のみを取り込むことが可能です。
しかし、資産の移転には契約の再締結や新たな許可が必要となる場合があり、そのプロセスは複雑かつ時間を要することがあります。

会社買取を成功させるためには、これらの手法を理解し、自社の戦略や目的に最適なものを選択することが重要です。

株式譲渡は迅速な経営権の獲得を、事業譲渡は特定の資産のみの選択的な獲得を可能にします

どちらの手法も、適切に用いることで企業価値の最大化に貢献することができます。

会社買取のメリット

会社買取、すなわち企業の合併や買収は、戦略的な成長の道筋を切り開くための重要な手段として広く利用されています。

このプロセスは、買収する企業に多くの利点をもたらします。

主要なメリットを解説していきます。

1.市場への迅速なアクセス

新しい市場に進出する際、自社で一から事業を築き上げるよりも、既存の企業を買収する方がはるかに迅速です。

このアプローチにより、即座に市場シェアを獲得し、ブランド認知度を高めることが可能となります。

2.シナジー効果の実現

異なる企業間での資源、技術、または専門知識の組み合わせによって、2つの企業の合計価値が個別の価値を超えるシナジー効果が期待できます。

これは、コスト削減、効率性の向上、または新しい事業機会の創出を可能にします。

3.競争力の強化

競合他社を買収することで、市場内の競争を減らし、より強固な市場地位を確立することができます。

これにより、価格設定力が向上し、より大きな収益性を実現することが可能になります。

4.多様化によるリスク分散

異なる市場セグメントや産業に投資することで、企業はそのリスクを分散させることができます。

これにより、一部の市場で不振があった場合でも、他の部門で発生した損失を補うことができます。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

会社買取の流れ

会社買取、つまり企業の合併や買収は、計画から実行、統合に至るまで、複数の段階を経る複雑なプロセスです。

このプロセスを理解することは、買収の円滑化、期待される成果の達成において非常に重要です。

この章では会社買取の一般的な流れを段階別に解説します。

1. 戦略の策定

買収プロセスは、明確な戦略の策定から始まります。

この段階では、買収の目的、目標とする企業の種類、買収によって達成したい具体的な成果について検討します。

戦略の策定は、後続する全ての決定の基盤となるため、買収の成功に不可欠です。

2. ターゲットの選定

戦略に基づき、買収候補となる企業のリストアップを行います。

このプロセスには、市場調査や財務分析が含まれ、最終的には数社のターゲットに絞り込まれます。

候補企業の選定は、買収の方向性を決定するための重要なステップとなります。

3. 初期接触および評価

選定されたターゲット企業に対して初期接触を行い、買収に関する意向を伝えます。

この段階では、非公式な情報交換が行われ、互いの関心度を探ります。

成功した場合、より詳細な情報の提供を受けるための機密保持契約(NDA)の締結に進みます。

4. デューデリジェンス

買収候補企業に関する詳細な調査、いわゆるデューデリジェンスが実施されます。

このプロセスでは、財務、法務、ビジネス、人事など、多岐にわたる分野について調査し、買収に伴うリスクを評価を行います。

5. 買収の交渉および契約

デューデリジェンスの結果を基に、買収の条件、価格、その他の重要な契約条項について交渉を行います。

この段階で合意に至った場合、正式な買収契約が締結されます。

6. クロージングおよび統合

買収契約の締結後、クロージング(取引の完了)が行われ、買収プロセスが正式に完了します。

その後、買収された企業の統合プロセスが始まります。

統合は、買収の成果を最大化するために、非常に重要なフェーズであり、慎重に進める必要があります。

会社買取の流れは、上述したような段階を踏むことで、目標とする成果を達成し、予期せぬ問題やリスクを最小限に抑えることが可能になります。

このプロセスを通じて買収の各段階での詳細な計画と慎重な評価が求められます。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

会社買取におすすめのM&Aプラットフォーム5選

現在、様々なM&Aプラットフォームが存在し、各々が独自の特色を持っています。以下に、弊社が特にお勧めする5社をご紹介いたします。

M&Aナビ

M&Aナビは、日本国内で幅広いM&A案件を提供するプラットフォームです。

中小企業から大手企業まで、様々な業界や規模の企業が参加しており、ニーズに合った買取先を見つけやすいのが特徴です。

また、買い手側は成約まで料金がかからない完全成功報酬制を採用しており、売り手側は完全無料で利用できます。

加えて、専門家との多種多様なネットワークを構築しており、M&Aに関するサポートを受けることができます。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

M&Aサクシード

スモールM&A マッチングサイト

M&Aサクシードは、ビジネスマッチングのプロフェッショナルであるビズリーチが運営するM&Aプラットフォームです。

多様な企業情報やユーザーネットワークを活かし、ニーズに合った買取相手を効率的に見つけることができます。

TRANABI

M&A 買い手 探し方

TRANABIは、革新的な技術を活用し、ユーザーにカスタマイズされたマッチングを提供します。

M&Aのマッチングプラットフォームとしては珍しく買手会員の月額制の料金プランを採用していることが特徴です。

M&Aクラウド

M&Aクラウドは、、ユーザーフレンドリーな操作性と強力なデータセキュリティが魅力です。

取引の進捗管理やドキュメント共有など、オンライン上で円滑なコミュニケーションを図ることが可能であり、取引を効率的に行うことができます。

スピードM&A

M&A 買い手 探し方

スピードM&Aは、その名の通り、迅速な取引を重視するユーザー向けのサイトです。

シンプルな操作性とスピーディな対応が特長で、時間の限られたユーザーに適しています。

会社を買取する際の5つの注意点

企業買収は、成長戦略の一環として多くの企業にとって魅力的な選択肢ですが、成功には細心の注意が必要です。以下に、会社を買取する際に考慮すべき5つの重要な注意点について解説していきます。

1. 事前のデューデリジェンスの徹底

企業買収のプロセスにおいて最も重要なステップの一つが、デューデリジェンスです。

これは、買収対象の企業に関する財務、法律、ビジネス運営の詳細な調査を指します。

未発覚の負債や潜在的なリスクを事前に把握することで、後に予期せぬコストが発生するのを避けることができます。

2. 企業文化の適合性の評価

異なる企業文化の衝突は、買収後の統合プロセスにおいて大きな障害となり得ます。

企業文化の適合性を事前に評価することは、スムーズな統合と買収の長期的な成功を確保する上で不可欠です。

3. 財務計画の現実性の確認

買収によるシナジー効果や成長機会を過大評価することなく、現実的な財務計画を立てることが重要です。

買収後の経済的な負担を正確に予測し、企業の財務健全性を維持するための計画を策定する必要があります。

4. 法規制とコンプライアンスの確認

買収活動は、独占禁止法をはじめとする多くの法規制の対象となることがあります。

法規制とコンプライアンスの確認を怠ると、買収プロセスが遅れるだけでなく、法的な制裁を受けるリスクも生じます。

5. 買収後の統合計画の策定

買収が完了した後の統合プロセスは、買収の成功を左右する重要な要素です。

効果的な統合計画を策定し、買収した企業とのシナジーを最大限に引き出すことが、目標達成には不可欠です。

これらの注意点に留意し、買収プロセスを慎重に進めることで、企業は買収による成長機会を最大限に活用し、その競争力を大きく高めることができます。

適切な準備と戦略的なアプローチが、買収成功の鍵を握ります。

会社の買取を成功させるポイント

会社の買取は、企業成長のための戦略的なステップであり、成功には多くの要素が関わってきます。

成功への道は複雑であり、注意深い計画と実行が必要です。

以下に、会社の買取を成功させるための重要なポイントを示します。

1. 明確な目的の設定

買収を行う最も大切なポイントは、明確な目的を設定することです。

成長の加速、市場シェアの拡大、特定の技術やリソースの獲得など、買収には様々な目的があります。

目的が明確であればあるほど、買収プロセスを適切に導くことができ、適切なターゲットを選定し、成功に導く戦略を立案することができます。

2. 徹底したデューデリジェンス

買収の成功には、徹底したデューデリジェンス(事前調査)が不可欠です。

これには、財務状況、契約の義務、潜在的な法的問題、市場での立ち位置など、買収対象企業に関する全面的な評価が含まれます。

デューデリジェンスを通じて、隠れたリスクを明らかにし、買収後の計画に反映させることが重要です。

3. 適切な価格の交渉

適切な価格での交渉は、買収を成功に導くための鍵となり、買収価格は、買収対象企業の真の価値を反映するものでなければなりません。

過大評価による過剰な支出は、買収後のROI(投資収益率)に悪影響を及ぼす可能性があります。

4. 統合プランの策定と実行

買収後のスムーズな統合プロセスは、成功のために不可欠となります。

統合プランには、組織構造の変更、文化的適合性の確保、システムやプロセスの統合が含まれます。

買収した企業の価値を最大限に活用し、買収の目的を達成するためには、事前に計画を立て、買収完了後に迅速に実行に移す必要があります。

5. コミュニケーションの維持

買収プロセス全体を通じて、効果的なコミュニケーションを維持することが重要です。

関係者全員がプロセスの進行状況を理解し、買収の目的と利益を共有することで、不安を軽減し、統合プロセスを容易にします。

これらのポイントに注意を払い、買収を慎重に計画し実行することで、会社の買収は成功へと導かれます。

買収は単なる財務的取引を超え、組織文化、従業員の士気、ブランド価値にまで影響を及ぼす重要な決定です。
したがって、戦略的な視点を持ち、長期的な視野でアプローチすることが不可欠です。

【会社の買取方法】まとめ

会社の買取は、場調査や企業評価などの複雑な分析が必要であり、複雑なプロセスを経て行われます。

しかし、適切な準備と戦略的なアプローチを通じて、企業の成長と発展を加速させることが可能です。

本記事では、買取の流れから始まり、メリット、注意点、そして成功のポイントまで、M&Aを成功に導くための実践的なガイドを提供しました。

重要なのは、明確な目的を持ち、適切な調査と計画を行い、すべての関係者とのコミュニケーションを確実に行うことです。

M&Aの世界は複雑ですが、正しい知識と準備があれば、望む成果を達成することができます。

M&Aナビは、買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いことが特徴です。ぜひご活用ください。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

関連記事

新着買収案件の情報を受けとる

M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。