100万円以下で買える会社の特徴は?業種や規模・実際の案件を紹介!

2024年07月18日

M&Aナビについて知りたい!

少ない資金で新しいビジネスを始めたいと考えている方にとって、100万円以下で買える会社を見つけるのは魅力的な選択肢です。
しかし、そのような案件はどこで見つけられるのか、どのような特徴があるのかがわからず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、100万円以下で買える会社の特徴や業種、実際の案件について詳しくご紹介します。
また、少額のM&Aのメリットや具体的な案件の探し方も解説します。この記事を読むことで、低コストでビジネスを立ち上げる方法を知り、効果的に自分に合った案件を見つけるための具体的なステップを学ぶことができます。

読み終わった後には、限られた資金でも新規事業を始めるための具体的な手がかりを得られ、より自信を持ってM&Aの世界に踏み出せるでしょう。
低コストでのスタートアップを目指すあなたにとって、この記事が道しるべとなることを願っています。

M&Aナビには、様々な企業規模や業種の売り手・買い手の方にご登録をいただいており様々な出会いのお手伝いをしています。
充実した管理機能や困ったときのサポート体制を整えておりますので安心してご利用いただけます。

既にほかのマッチングサイトを利用している方でも大歓迎です!!登録に一切お金はかかりませんのでまずは登録から始めてみましょう。

会員登録

100万円以下で買える会社の特徴

小規模事業が中心

100万円以下で買収できる会社の大きな特徴は、低コストで運営可能な小規模事業であることです。
小規模事業とは、従業員数が20人以下で、資本金が3,000万円以下の小さな会社を指します。
このような小規模事業は、人件費や設備投資などの固定費用が低く抑えられるため、比較的低コストで事業を運営することができます。

以下に小規模事業を行う利点を説明します。

1. 少人数で運営できる

小規模事業では、人員が少なく組織もフラットなため、意思決定が迅速に行われ、無駄な重複業務もありません。
従業員一人ひとりが高い裁量権を持ち、自律的に業務を遂行できるため、効率的な運営が可能です。

2. 最低限の設備投資で運営できる

小規模事業では大規模な設備投資は必要ありません。
オフィススペース、備品、PCなど最小限の設備で事業が行えるため、初期投資を抑えられます。

また、近年発展しているクラウドサービスの活用により、ITインフラへの投資も最小化できます。

3. 柔軟な事業運営が可能

組織が小さいため、経営環境の変化に機動的に対応でき、迅速な戦略転換や新規事業への進出が可能です。
大企業に比べ意思決定の階層が少ないため、チャンスを逃さずスピーディに行動できます。

個人経営の店舗やサービス業

100万円以下で買収可能な会社に多いのが、個人で経営する小さな店舗やサービス業です。
個人経営の場合、資本金が少額で済む上に売り手と直接交渉できるため、買収費用を低く抑えられます。

また、店舗やサービス業は、比較的参入障壁が低い業種が多く、運営にあまり多額の資金を必要としません。
加えて、地域に根付いた顧客基盤があれば、安定した売上が見込め、撤退時にも事業売却による切り離しが可能です。
こういった点が、100万円以下での事業買収を実現しやすくしています。

個人経営の店舗、サービス業の典型的な例として以下のものが挙げられます。

  • 飲食店
  • 小売店
  • 理美容室
  • 自動車整備
  • デイサービス

これらの事業は地域に密着した業種が中心で、地元顧客への高い知名度と支持を強みとしています。
知名度と信頼を引き継ぐことができればスムーズな事業な立ち上げが実現できるでしょう。

中には資格が必要な事業もありますが、案件を探す際に参考になるのではないでしょうか。

後継者不在で売りに出される企業

後継者不在を理由に売却を検討している事業も少額で買収できる案件の特徴といえます。
以下のような理由があります。

1. 他の選択肢がないため

経営者が高齢となり、体力的にも事業継続が難しくなったり、健康上の理由で廃業を決めざるを得なくなった場合、後継者がいなければ事業売却を選択します。
売却できなければ事業継続ができないため、相場よりも低い金額で売却される可能性があります。

2. 業績が低下する傾向にあるため

オーナー経営者の年齢が上がるにつれて徐々に業績が改善しない傾向にあります。
業績が良くない場合は、売却時の価格が小さくなる傾向にあるため、少額で買収できます。

ただし、買収後の再建に苦労する可能性があるため、買収前の計画の策定を綿密に行う必要があるでしょう。

少額のM&Aのメリット3選

1.少ない資金でのスタートアップ

少額のM&Aは、少ない資金で新たなビジネスを立ち上げることができる点が大きなメリットです。独自でスタートアップを立ち上げる場合、設備投資や人件費、広告宣伝費など、さまざまな初期費用がかかります。これに対して、M&Aを通じて既存の事業を買収する場合、すでに事業が立ち上がっているため、初期費用を大幅に抑えることができます。特に100万円以下の少額M&A案件は、初期投資が少ないため、資金調達の負担が軽減され、返済リスクも低減します。

迅速な事業展開と市場参入

少額のM&Aを活用することで、素早い事業展開と新規市場への参入が可能になります。独自で新規事業を立ち上げる場合、事業許可の取得や設備投資、人材採用など、準備に膨大な時間とコストがかかります。しかし、M&Aを通じて既存の事業を買収する場合、すでに事業が運営されているため、これらの準備期間とコストを大幅に削減できます。

既存の顧客基盤とビジネスモデルの活用

少額のM&Aでは、既存の顧客基盤やビジネスモデルをそのまま引き継ぐことができます。これにより、事業運営において大きなアドバンテージを得ることができます。顧客リレーションの円滑な承継が可能であり、M&Aを通じて既存の事業を買収することで、長年の営業努力で築かれた顧客とのリレーションをそのまま引き継ぐことができます。これにより、営業活動の手間を省き、すぐに売上を確保することができます。

100万円以下の少額なM&A案件の探し方

ここまで100万円以下の少額で買収しM&Aを成立させることの概要やメリットを見てきました。
実際に100万円以下の案件はあるのでしょうか。

実際の探し方について見ていきましょう。

M&A専門サイトやプラットフォームを利用する

少額のM&A案件を効率的に探すには、M&A専門のウェブサイトやプラットフォームを活用するのが有効な手段です。
特に大手サイトには、全国から集めた案件が多数掲載されています。
検索機能で条件を絞り込めば、希望する規模の案件が見つけやすくなります。

M&Aプラットフォームの活用については、以下の記事で詳しく紹介していますのでご参照ください。

【2024年版】M&A・事業承継のおすすめマッチ...

今回はM&A・事業承継マッチングサイトの中から、弊社社員が本気でおすすめできるマッチングサイト20選をご紹介いたします! 「どのマッチングサイトを選べばいいのかわからない」「それぞれ仕組みが違って難しい」といっ…

地元のビジネスコミュニティや商工会議所を活用する

地元密着型の情報収集が必要な小規模M&Aでは、地域のビジネスコミュニティや商工会議所を活用するのも有効な方法です。

1. ビジネスクラブや同窓会などのコミュニティ

各地域にはさまざまなビジネスクラブや同窓会組織が存在します。そこでの人脈や口コミ情報から、地元企業の動向や売却案件をキャッチできる可能性があります。

2. 商工会議所や中小企業団体

商工会議所には、地元企業の経営相談窓口があり、後継者不在などで事業売却を検討する企業の情報に接しやすくなっています。また、業種別の中小企業団体なども、会員企業の動向を把握しやすい立場にあります。

3. 士業などの専門家ネットワーク

税理士や中小企業診断士、公認会計士などの専門家には、企業の実情を詳しく知る者が多数います。こうした士業ネットワークを通じて、サイレントM&A案件の情報を収集できる可能性があります。

オンライン掲示板やビジネスマッチングサービスの活用

インターネット上のさまざまなプラットフォームを利用することで、少額のM&A案件の掘り起こしが可能になります。

1. ビジネス系オンライン掲示板

「ビジネスマッチング掲示板」「事業譲渡・売却掲示板」など、インターネット上にはビジネス目的の掲示板サイトが多数存在します。そこには事業売却を希望する企業による情報が投稿されていることがあります。

2. SNSやメッセージアプリのグループ

FacebookやLINEなどのSNSやメッセンジャーアプリには、特定の業種やエリアのビジネスパーソン同士のグループが多数存在します。そうしたグループ内で事業売却の話題が出る可能性があります。

3. オンラインビジネスマッチングサービス

AIマッチングなどを活用し、買い手と売り手をオンラインでマッチングするWebサービスも登場しています。手軽に登録でき、全国の小規模案件にアプローチできます。

100万円以下のM&A案件を探す!

M&Aナビでは、1,000件を超えるM&A案件を掲載しています。
調べたところ、100万円以下の案件が64件掲載されていました。(2024/6/15時点)

YouTubeチャンネルやECサイトといったインターネット関連の事業やカフェ・弁当屋といった飲食関連の事業が多く掲載されています!
まずは小さい事業から!と考えている方にピッタリの案件が揃っているので是非一度ご確認ください!

まとめ

この記事では、100万円以下で買える会社の特徴や具体的な業種、規模について詳しく紹介しました。さらに、少額のM&Aのメリットとして、低コストでのスタートアップ、迅速な事業展開、既存の顧客基盤とビジネスモデルの活用が挙げられます。また、効率的なM&A案件の探し方として、M&A専門サイトや地元のビジネスコミュニティ、オンライン掲示板の活用方法を解説しました。

特に、100万円以下のM&A案件の具体例も取り上げ、どのようなビジネスが対象となりやすいのかを具体的に示しました。これにより、少額の資金で新規事業を始めたい方にとって、具体的な道筋を提供できたことと思います。この記事が、あなたのビジネスの成功につながる一助となれば幸いです。

またM&Aナビは、売り手・買い手ともにM&Aにかかる手数料などを完全無料でご利用いただけます。買い手となりうる企業が数多く登録されており、成約までの期間が短いのも特徴です。ぜひご活用ください。

M&Aナビに登録して一歩踏み出しましょう

資料ダウンロード

関連記事

M&A・事業承継の基礎知識
2024年07月18日

【2024年版】M&A・事業承継のおすすめマッチングサイト20選を徹底比較!

今回はM&A・事業承継マッチングサイトの中から、弊社社員が本気でおすすめできるマッチングサイト20選をご紹介いたします! 「どのマッチングサイトを選べ

  • M&A
  • M&Aマッチングサービス
  • M&A方法
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • 【保存版】M&Aは個人でもできる!?個人M&Aの流れとメリット・デメリットを徹底解説!
    M&A・事業承継の基礎知識
    2024年07月18日

    M&Aは個人でもできる?個人が中小企業をM&Aで買収する方法を徹底解説!

    近年個人で会社を買う「個人M&A」が増えています。 少額で会社を買えるマッチングサイトの普及に伴い、500万円程度用意できれば個人M&Aが可

  • 個人
  • 個人M&A
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年07月18日

    M&Aとは?目的や手法・メリットなど基本を簡単に解説!!【事例あり】

    M&A(エムアンドエー)とは、”Mergers and Acquisitions”の頭文字を取った略語であり日本語に直すと合併と買収です。 本記事では

  • M&A
  • M&Aとは
  • M&A・事業承継の基礎知識
    2024年07月18日

    M&Aはどこに相談するのが良い?相談先の選び方や、選ぶときの3つの注意点を徹底解説!

    M&Aを検討しているが、どこに相談すればいいかわからない…。そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。M&Aは専門的な知識と経験が必要で、適切

  • M&A
  • M&A相談
  • M&A相談先
  • 新着買収案件の情報を受けとる

    M&Aナビによる厳選された買収案件をいち早くお届けいたします。